2017年09月24日

★トンボ ミヤマアカネ

ミヤマアカネ1029cs.jpg
ミヤマアカネ(トンボ科) 170924

天候は相変わらず不順だが、時々は秋らしい気持ちの良い日も混じり、そんな日はトンボやチョウ・バッタ等をたくさん見かける。ここ数年出会うことのなかったミヤマアカネが鉢植えの支柱にとまっていた。羽にもようのある赤トンボは何種かあるが、先が透明なものはこの種だけなので見分けやすい。
赤トンボについては、ブログ内記事をご参照下さい。

posted by はけの森調査隊 at 17:01| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

2017第3回はけの森ミニ調査会

   リスアカネ5018s.jpg
                               リスアカネ

第3回はけの森ミニ調査会

日時  9月10日(日) 午前10:10〜11:40雨天中止
場所  はけの森緑地2(中町4-12)
内容  秋のはじめの生きもの観察・セミのぬけがら調べもします
    (池の中の生きもの調査もします)            
持ち物 ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・虫めがね・長靴等)
参加費 無料
問合せ hakenomori@gmail.com まで 

☆蚊対策を充分にお出かけください
☆時間内いつでも、どなたでもお気軽に
☆2017年度年間予定につきましては、こちらをご覧ください

☆天候があいまいな場合は、当日午前9:00に、開催or中止かのお知らせを当サイトトップに掲載します。
posted by はけの森調査隊 at 08:32| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

★その他の昆虫 ナナフシモドキ

いつも調査隊ブログを見てくださっているK.U.さんから、写真が届きました。

ナナフシモドキs.jpg
ナナフシモドキ(ナナフシ)♀(ナナフシ科) 170824

庭の花の茎に居たとのこと、ナナフシが居るなんて、きっと生きものが住みやすい環境なんでしょうね。チョウやトンボや鳥なども遊びに来るそうです。皆さんの庭の草のかげや木の枝の中にも、何かひそんでいるかもしれませんよ。
posted by はけの森調査隊 at 13:49| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

★チョウ ヤマトシジミ・アカボシゴマダラ・ジャコウアゲハ★トンボ コオニヤンマ

立秋も過ぎ夏も終盤、野川周辺の様子を見に出かけた。人影も少なく、セミの大合唱が響いているばかりだったが、しばらく行くといろいろな生きものに出会った。

ヤマトシジミ♂♀+♂0361vs.jpg
ヤマトシジミ♂♀+♂(シジミチョウ科)170821

野川の土手には、たくさんのヤマトシジミが飛び交っていた。交尾中のカップルに、ぶつかるように邪魔に入るもう1匹の♂。何度チャレンジされても、しっかり離れずに交尾を続けていた。1年に何回も発生するが、8月〜9月ごろが一番多く発生するようだ。

アカボシ産卵0441s.jpg
アカボシゴマダラタテハチョウ科)産卵 170821

実生の小さなエノキにアカボシゴマダラが産卵していた。春には少なかったこのチョウも夏には相当数を増していて、秋には3化目が発生する。

ジャコウ産卵0274s.jpg
ジャコウアゲハ(アゲハチョウ科)産卵 170821

幼虫に食べられて下の方に少ししか残っていない食草ウマノスズクサに、だいぶボロになった♀が産卵していた。頑張って生きのびている2化目のものだろうか?3化目かと思われる新鮮な♀も見かけた。

コオニヤンマ産卵0336s.jpg
コオニヤンマ♀(サナエトンボ科)170821

7月16日の夏の調査会の頃は水がれで川底が見えていた野川は、その後の長雨で水量が増し、とぎれること無く流れている。コオニヤンマが打水産卵をしていた。遠くに見えた時にはオニヤンマかと思った。オニヤンマは腹の先を水中につき立てて産卵する。

posted by はけの森調査隊 at 12:08| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

★甲虫 ヒメスナゴミムシダマシ

ヒメスナゴミムシダマシ0247cs.jpg
ヒメスナゴミムシダマシ(ゴミムシダマシ科)約8mm     170814

小さな黒茶色のかわいい虫がデッキの上にいた。ア、あの虫だ。何年か前、やはりデッキの上にいて、何だろう?と調べたことがある。

ヒメスナゴミムシダマシ2814cs.jpg
ヒメスナゴミムシダマシ   130915

4年前に撮った写真。スナゴミムシダマシのなかまには似た種がいろいろあるが、胸の形や大きさ等で、ヒメスナゴミムシダマシと思う。地色は黒いのだが、土粒がついているので茶色に見える。砂地の枯れ草や土の下などに住み、腐植物等を食べるとのこと。

ヒメスナゴミムシダマシ2806s.jpg
ヒメスナゴミムシダマシ  130915

昨年、M.I.隊員が道端に落ちていたのを見つけて、何だろう?と持ってきてくれたことがあるし、あまり目につかない虫だけれど、普通にいる虫のようだ。

posted by はけの森調査隊 at 10:19| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

★甲虫 ミヤマカミキリ

R.Y.隊員(小2)から、お便りと写真が届きました。

「本日、おはかまいりに行きました。
それで、木陰にカミキリムシがいました。
家に帰ってしらべてみたら、ミヤマカミキリだと思いました。まだ分からないので、調べてもらえますか?写真を送ったのでみてください。」

ミヤマカミキリ♀s.jpg
ミヤマカミキリ♀(カミキリムシ科) 体長55mm  170813 9:30頃 八王子市

まちがいなくミヤマカミキリです。大きくがっしりとしていて、前胸背板(ぜんきょうはいばん)にシワシワがあるのが特ちょう。触角が短いので♀、♂の触角は体長よりずっと長い(1.5倍以上)。

ミヤマカミキリ♀s.jpg
ミヤマカミキリ♀

夜行性で、クヌギやコナラ等の樹液にやって来る。幼虫はそれらの木や、イチジク・リンゴ等の木も食べて育つ。ミヤマとついているが、平地にも居て、外灯にも飛んでくる。

☆皆さんも、夏休みに出会った虫の写真や絵、楽しい体験を送ってくださいね!
posted by はけの森調査隊 at 10:49| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

★その他の生きもの ニホントカゲ・ニホンカナヘビ

ニホントカゲ幼体0171cs.jpg
ニホントカゲ幼体(トカゲ科)約70mm  170804

ニホントカゲの子どもが庭をチロチロっと走った。いつもはすぐに物かげに隠れてしまうのだが、やっと姿を撮ることができた。夏の日盛りに一番似合うのは、このピカピカのトカゲの子だと思う。

ニホントカゲ幼体0174s.jpg
ニホントカゲ幼体 170804

明るい草原と石垣やガレ場のある環境を好み、小昆虫やミミズ等を食べている。そういった場所が少なくなるに連れて、数が減ってきている。以前ほど見かけなくなってはいるが、はけの森2には住み着いていて、調査会ではよく観察している。

070529ニホントカゲs.jpg
ニホントカゲ  070529  全長約20cm  八王子市裏高尾

庭のどこかに巣があるらしく、成体も時々見かけるのだがすぐ隠れてしまうのでなかなか撮影できない。別の場所で撮ったものを載せる。身体の1/2はシッポ。

ニホンカナヘビ幼体5335s.jpg
ニホンカナヘビ幼体(カナヘビ科)110928

明るい草原を好み、小昆虫やミミズ等を食べる。こちらも都市部では減ってきているようだが、野川周辺やはけの森2では数多く見かける

ニホンカナヘビ1997s.jpg
ニホンカナヘビ 全長約20cm  110615

ニホントカゲはツヤがありヌラヌラ光っているが、こちらはツヤが無く、黄色のスジ状のもようが目立つ。身体の70%くらいはシッポ。

posted by はけの森調査隊 at 14:29| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

★活動報告 第81回はけの森調査会<夏のトンボをさがそう!A>報告

第81回はけの森調査会<夏のトンボをさがそう!A>報告

16/07/16(日)9:30〜12:00  はれ 気温34℃  参加23名
コース:野川公園入り口(二枚橋)〜わき水広場   
ゲスト参加:宮下俊之氏(日本トンボ学会会員)

良い天気になりました。集合場所で待っている間にも、アカボシゴマダラが飛んだり、オオカマキリ幼虫を見つけたり、リュックにきれいなカミキリムシがついていたり(後で調べたところフタオビミドリトラカミキリ)、にぎやかな調査会の始まりです。

川岸虫捕獲0001s.jpg
オッ、つかまえたよ!

川岸の草むらのあちこちに、バッタ類の幼虫(ショウリョウバッタ・オンブバッタ・ツチイナゴ・コバネイナゴ)や、エンマコオロギ幼虫・ヒメギス幼虫等がいました。

コバネイナゴ幼虫0082cs.jpg マメコガネ05095s.jpg
コバネイナゴ(バッタ科)幼虫         マメコガネ(コガネムシ科)    A.K.

バッタの幼虫の中では、コバネイナゴがいちばん多くいました。あちこちに群れているマメコガネは、マメ科植物をはじめ、畑の作物や園芸植物等を食べ荒らすきらわれものです。


採ったー!0004s.jpg

しばらく行くと、トンボやチョウが飛び回っている場所があり、皆夢中でかけ出しました。うまく入ったかな?

シオカラトンボ1560cs.jpg
シオカラトンボ(トンボ科)

一番多く飛んでいたのはシオカラトンボ、少し水のあるところでは、♂に見守られながらの♀の打水産卵のようすを見ることができました。

アカホシゴマダラs.jpg
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)                  T.M.氏撮

夏型のアカボシゴマダラがだいぶ出ています。水枯れの川底で吸水しているところ。

黒いアゲハ3種吸水05096.jpg
クロアゲハ♂×2・カラスアゲハ♂・ナガサキアゲハ            A.K.氏撮

少し先を歩いていたA.K.隊員が、黒いアゲハ類の集団吸水を撮影されました。この季節ならではの貴重な情景です。我々が到着する前に飛んでしまい、数匹の黒いチョウが飛ぶのを遠くに見ただけです。

コオニヤンマ手持ち0084s.jpg
コオニヤンマ(サナエトンボ科) ちょっとコワイな〜〜

やなぎ橋そばのわき水が流れ込んでいる浅瀬ポイントの岸辺で、宮下氏がコオニヤンマをキャッチ。はじめてトンボを持ったT.H.隊員です。

川の生きものさがし0012s.jpg
ヤゴかな〜?

浅瀬ポイントもだいぶ水量が減っていましたが、ホンサナエ中令幼虫×2・コオニヤンマ若令幼虫ギンヤンマ若令幼虫・アメンボ・カワエビのなかま・アメリカザリガニ等を採りました。

ホンサナエ幼虫.jpg ホンサナエs.jpg
ホンサナエ幼虫(サナエトンボ科) T.M.  ホンサナエ♀ 160510              Y.U.

数年前から小金井市内でのホンサナエ記録はありますが、調査隊としては初観察、成虫は幼虫よりもっと稀にしか観察されていません。昨年の5月にスタッフが採った成虫写真を載せます。

ヒラタドロムシ幼虫0086.jpg アメンボ05105s.jpg
ヒラタドロムシ(ヒラタドロムシ科)約10mm アメンボ(アメンボ科)♂♀        A.K.

石にピッタリとくっついている平べったい生きものはヒラタドロムシの幼虫、成虫は黒い甲虫です。

クロコノマチョウs.jpg イオウイロハシリグモ05185.jpg
クロコノマチョウ(タテハチョウ科)幼虫     イオウイロハシリグモ(キシタグモ科)約20mm

自然観察園に入りました。フェンスのウマノスズクサにはジャコウアゲハの終令幼虫がいて、オオシオカラトンボヒメウラナミジャノメ・スジグロシロチョウ・クロアゲハ等が飛んでいました。6月4日の第80回調査会では、ヨシの葉を食べている中令〜終令のクロコノマチョウの幼虫がたくさんいましたが、今回は、その次の世代の若令幼虫が数ヶ所いました。イオウイロハシリグモは大きなクモで、葉の上で獲物をねらっています。

ウスバカゲロウ0090s.jpg ウスバカゲロウ蛹0096s.jpg
ウスバカゲロウ(ウスバカゲロウ科)   ウスバカゲロウ繭(蛹) 約12mm

ベンチの下のアリジゴクの巣を掘っていたR.Y.隊員、S.N.君たちが、土の中にウスバカゲロウの繭を見つけました。この中にサナギが入っています。サナギになってから約2週間くらいで羽化します。

オニヤンマ♂05137cs.jpg
オニヤンマ(オニヤンマ科)   A.K.氏撮

わき水広場で水の中の生きもの調べ。ちょうどオニヤンマ成虫が飛んで来て、しばらくの間とまっていました。

ゴマダラカミキリ0106s.jpg
ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)約30mm

M.I.隊員が見つけたゴマダラカミキリを木の幹に止まらせて撮影。以前は、学校帰りの道すがら見かけたりしたものですが、最近はあまり見かけなくなりました。

水の生きもの調べ0018.jpg
オニヤンマのヤゴは何びきいるかな〜

宮下氏のお話を聞きながら、つかまえたものを皆で見ました。オニヤンマ幼虫×11・サワガニ・ドジョウ等がいました。最後に水の中に戻して調査会は終了です。
虫たちを追いかけて走り回り、様々なものを熱心に見つめる子どもたちは、今年一番の暑さも、ものともしていないようでした。

その他観察したもの

posted by はけの森調査隊 at 14:04| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

★チョウ カラスアゲハ 成虫・蛹・幼虫

カラスアゲハ♂0061s.jpg
カラスアゲハ(アゲハチョウ科) 170712

野川公園自然観察園内、わき水がしみ出しているうす暗い木陰を黒い蝶が飛び回っていた。目をこらすと、翅がときおり緑色に輝く。カラスアゲハだ!しばらくすると、地面で吸水を始めた。このあたりではたまにしか出会えないチョウ。

カラスアゲハ羽化後9942s.jpg
カラスアゲハ♂ 170703  開帳約100mm 

今年は、何年かぶりに庭のルー(ヘンルーダ)で1令幼虫を見つけた。そのままにしておくと、鳥やハチに食べられてしまいそうなので、取り込んで育て、無事に羽化したところ。
  
カラスアゲハ蛹9715s.jpg
カラスアゲハ蛹 170622 約35mm

飼育ケースに立てておいた木の棒(直径1cm弱)で蛹化。

カラス終令幼虫2050s.jpg
カラスアゲハ終令幼虫 約50mm  170618

幼虫は、頭の部分に霜降り状の白い点々と雲状のスジもようがあるのが特徴。若令の頃から緑色が濃い。庭には、ミカン類やカラタチ、サンショウなどがあり、アゲハの卵や幼虫はあちこちで見つかるが、カラスアゲハの幼虫は、ルーでしか見つけたことがない。この木の独特の匂いと柔らかい葉が好みなのだろうか?飼育は他のミカン科のものでも大丈夫。
続きを読む
posted by はけの森調査隊 at 12:14| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

第81回はけの森調査会<夏のトンボをさがそう!A>のお知らせ

    オオシオカラトンボ0047ccs.jpg 
                        オオシオカラトンボ

第81回はけの森調査会<夏のトンボをさがそう!A>
                             小金井市報7/1号掲載

日 時  7月16日(日)9:30〜12:00 雨天中止      

集 合     9:30都立野川公園北門(二枚橋:東町1丁目)  
解 散  12:00野川公園内わき水広場
内 容  トンボや水生昆虫を中心に夏の生きもの観察
持ち物  ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・虫めがね等)
     水の中に入る用意(ベルト付きサンダル等)
参加費 100円(資料・保険代)
対 象  子供から大人までどなたでも
後 援    小金井市
申込・問い合わせ はけの森調査隊 hakenomori@gmail.com まで
          当日集合場所でも受け付けます

☆この日は、トンボ研究家の宮下俊之氏(日本トンボ学会会員)がゲスト参加してくださいます。
   宮下氏のHP<蝶と蜻蛉の風物詩>  http://dragonbutter.sakura.ne.jp/

☆天候があいまいな場合は、当日午前8時に、開催or中止かのお知らせを
 当サイトトップに掲載します。

☆今年度の活動予定はこちら
posted by はけの森調査隊 at 21:28| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする