2017年08月16日

★甲虫 ミヤマカミキリ

R.Y.隊員(小2)から、お便りと写真が届きました。

「本日、おはかまいりに行きました。
それで、木陰にカミキリムシがいました。
家に帰ってしらべてみたら、ミヤマカミキリだと思いました。まだ分からないので、調べてもらえますか?写真を送ったのでみてください。」

ミヤマカミキリ♀s.jpg
ミヤマカミキリ♀(カミキリムシ科) 体長55mm  170813 9:30頃 八王子市

まちがいなくミヤマカミキリです。大きくがっしりとしていて、前胸背板(ぜんきょうはいばん)にシワシワがあるのが特ちょう。触角が短いので♀、♂の触角は体長よりずっと長い(1.5倍以上)。

ミヤマカミキリ♀s.jpg
ミヤマカミキリ♀

夜行性で、クヌギやコナラ等の樹液にやって来る。幼虫はそれらの木や、イチジク・リンゴ等の木も食べて育つ。ミヤマとついているが、平地にも居て、外灯にも飛んでくる。

☆皆さんも、夏休みに出会った虫の写真や絵、楽しい体験を送ってくださいね!
posted by はけの森調査隊 at 10:49| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

★その他の生きもの ニホントカゲ・ニホンカナヘビ

ニホントカゲ幼体0171cs.jpg
ニホントカゲ幼体(トカゲ科)約70mm  170804

ニホントカゲの子どもが庭をチロチロっと走った。いつもはすぐに物かげに隠れてしまうのだが、やっと姿を撮ることができた。夏の日盛りに一番似合うのは、このピカピカのトカゲの子だと思う。

ニホントカゲ幼体0174s.jpg
ニホントカゲ幼体 170804

明るい草原と石垣やガレ場のある環境を好み、小昆虫やミミズ等を食べている。そういった場所が少なくなるに連れて、数が減ってきている。以前ほど見かけなくなってはいるが、はけの森2には住み着いていて、調査会ではよく観察している。

070529ニホントカゲs.jpg
ニホントカゲ  070529  全長約20cm  八王子市裏高尾

庭のどこかに巣があるらしく、成体も時々見かけるのだがすぐ隠れてしまうのでなかなか撮影できない。別の場所で撮ったものを載せる。身体の1/2はシッポ。

ニホンカナヘビ幼体5335s.jpg
ニホンカナヘビ幼体(カナヘビ科)110928

明るい草原を好み、小昆虫やミミズ等を食べる。こちらも都市部では減ってきているようだが、野川周辺やはけの森2では数多く見かける

ニホンカナヘビ1997s.jpg
ニホンカナヘビ 全長約20cm  110615

ニホントカゲはツヤがありヌラヌラ光っているが、こちらはツヤが無く、黄色のスジ状のもようが目立つ。身体の70%くらいはシッポ。

posted by はけの森調査隊 at 14:29| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする