2009年04月08日

★甲虫 ヒメアカハネムシ(アカハネムシ科)

不明昆虫のサナギs.jpg
ヒメアカハネムシのサナギ
(腹側) 090404
090405ベニヒラタムシ蛹s.jpg
ヒメアカハネムシのサナギ(背側) 090405

4月4日のミニ調査会の際、朽ち木の皮の下で発見された不思議なサナギ(クリーム色半透明で時々ピクピク動く)は、翌5日茶色に変化してきた。

090408ベニヒラタムシ.jpg

ヒメアカハネムシ♀(体長約8mm)

翌6日、まだサナギのままかと思いながら見ると、赤い羽の甲虫が羽化していてびっくり。アカハネムシの仲間だった。図鑑には「成虫は枯れ木・倒木上に見られ、幼虫は枯れ木の樹皮下にすみ、内部のやわらかい材を食べる。4月頃樹皮下で蛹化。」とある。アカハネムシの仲間は何種もあり、漸くヒメアカハネムシと判明。

070427ベニヒラタムシs. jpg
アカハネムシのなかま 
070427 八王子市裏高尾

一昨年の春撮影したもの、林道脇の草むら、飛び立つ寸前。
 




posted by はけの森調査隊 at 22:00| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。