2009年05月22日

★チョウ ツマキチョウ幼虫・蛹

090519ツマキチョウ幼虫s.jpg

4月19日、はけの森緑地2のムラサキハナナにいたツマキチョウの終令幼虫(25mm)。 モンシロチョウとちがって脇に白いスジがある。果実にそっくりで見つかりにくい。果実や花を食べて育つ。

090522ツマキチョウ蛹s.jpg

サナギは自然状態(付近の低木や草の茎で蛹化)ではなかなか見つからないので、飼育箱に入れた。エサも食べず箱の中をウロウロして、フタにくっついて前蛹(ぜんよう)となり、21日の朝サナギ(25mm)になった。はじめは濃い緑色だったが、だんだん茶色に変化してきた。このまま越冬し、来年(時により再来年・再々来年)の春に羽化する。

090415ツマキチョウ♀ss.jpg

4月15日、はけの森緑地2のムラサキハナナで吸蜜(きゅうみつ)しているメス。この日、産卵行動も見られた。4月2日のツマキチョウの記事参照。

posted by はけの森調査隊 at 11:13| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。