2009年06月04日

★活動報告 第56回はけの森調査会<コムラサキをさがそう>

野川風景.jpg エノキのところs .jpg

第56回はけの森調査会<コムラサキをさがそう>09/05/31実施
天気 曇 気温23℃ 参加18名 野川公園入口〜わき水広場


歩きはじめは、小雨のパラつくこともありましたが、その後は、曇りがちながら、むし暑ささえ感じられる虫日和(びより)となりました。

コマルハナバチ♂.jpg  090531ミズイロオナガシジミ.jpg
コマルハナバチ♂              ミズイロオナガシジミ

集合場所・野川公園入口付近では、年に一度この季節にだけ見られるミズイロオナガシジミがコナラやアカシデのまわりを飛び、花盛りのネズミモチには、モンシロチョウやスジグロシロチョウ、ベニシジミ、コマルハナバチをはじめいろいろなハナバチ・ハナアブ、小さな虫たち、などたくんさんの虫が入れかわり立ちかわり吸蜜(きゅうみつ)に来ていました。

今回のテーマとなっているコムラサキは、シダレヤナギのまわりを飛んでいるのを4〜5回ほど見ることができました。近くで見られなかったのはちょっと残念でしたが、調査隊で初めて観察した2005年以来、このヤナギ並木で毎年見られるのはうれしいことです。今回は、チョウにご造詣(ぞうけい)の深いK(こむらさき?)氏も同行してくださり、おかげで参加された皆さんのチョウに対する興味はますます深まったのではないでしょうか?

わき水広場2s .jpg  わき水広場1s .jpg

野川沿いを、いろいろな生きものを採ったり見たりレクチャーを受けたりしながら歩き、終点はわき水広場。ここはわき水からのきれいな流れがあり、水生昆虫の観察に良い場所です。

調査隊初観察のゲンジホタルやクロスジヘビトンボの幼虫などなど、もっと観察を続けたいような活気にあふれた調査会でした。観察したうちのいくつかの生きものは、このあとの記事で紹介します。

 
posted by はけの森調査隊 at 11:17| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。