2009年06月08日

★チョウ ヒメウラナミジャノメ・ヒメジャノメ

第56回はけの森調査会 <コムラサキをさがそう>で観察したもの(1)09/05/31実施
(写真は野川周辺で昨年撮影したものです)

ヒメウラナミジャノメs.jpg

ヒメウラナミジャノメ(ジャノメチョウ科)

春〜夏〜秋、晴れの日も曇りの日も、野川べりをチラチラと飛んでいる。その名のとおり、うら羽は波もよう。幼虫の食草はススキなどイネ科各種なので川沿いは絶好の生息場所だ。

ヒメジャノメs.jpg

ヒメジャノメ(ジャノメチョウ科)

春〜夏〜秋、草原や木陰などを低めにヒラヒラと飛んでいる。うす暗いところが好きらしい。樹液や腐った果実などに集まる。幼虫の食草はススキなどのイネ科。ヒメウラナミジャノメよりひとまわり大きく、うら羽の白っぽい線が見分けのポイント。




posted by はけの森調査隊 at 20:28| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。