2009年07月27日

★活動報告 第57回はけの森調査会<オニヤンマ・タイコウチをさがそう>

第57回はけの森調査会<オニヤンマ・タイコウチをさがそう>
09/07/22(水)実施 野川公園入口〜わき水広場 小雨のちくもり 気温28℃ 参加8名

野川風景出発.jpg

早朝からの雨がなかなか止まず、実施があやぶまれていたのですが、9時頃にはほとんど雨も上がったので、実施することになりました。(中止と思って参加されなかった方ごめんなさい)
けむるような雨の中を出発。川岸はオオブタクサとアレチウリ(どちらも帰化植物)におおわれています。ニイニイゼミアブラゼミが鳴いていました。

ベニシジミs.jpg

草むらには、ショウリョウバッタやオンブバッタなどバッタのなかまがたくさん見られ、ベニシジミがジッと雨やどり。
じきに雨も止み、チョウやトンボも飛びはじめました。

やなぎ橋付近s.jpg
エビがいっぱいー!

水の中の生きものをさぐる第一ポイント、やなぎばし付近。ミナミヌマエビ等の川エビのなかま、アメリカザリガニ、マシジミ、シロタニガワカゲロウなどが網に入りました。

柳の下s.jpg

さくらばしを過ぎたあたりです。立ちならぶヤナギやサクラの幹(みき)には、セミのぬけがらやガの幼虫などいろいろな生きものがコッソリとついています。

わき水広場s.jpg

終点のわき水広場まで来ました。ここは、わき水からのきれいな流れが2本あり、野川へそそいでいます。オニヤンマの幼虫シロタニガワカゲロウ、フタツメカワゲラ、ホトケドジョウ、サワガニなど、たくさんの生きものが見つかりました。オニヤンマが飛ぶのも見られました。

わき水s.jpg
サワガニはいないかなー

日蝕.jpg    日蝕観てるs.jpg

この日はちょうど日蝕(にっしょく)の日でした。あいにくの曇り空だったのですが、蝕のピーク(11時12分58秒)を過ぎた11時30分頃、雲の向こうに白い三日月のような太陽を見ることができ、一同感激の一瞬(しゅん)でした。

タイコウチは見つかりませんでしたが、様々な生きものをじっくり観察できた半日でした。観察したうちのいくつかの生きものは、このあとの記事で紹介します。

posted by はけの森調査隊 at 20:49| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。