2009年07月29日

★バッタのなかま ショウリョウバッタ

第57回はけの森調査会 <オニヤンマ・タイコウチをさがそう>で観察したもの(3)09/07/22実施

ショウリョウバッタ♀茶幼.jpg
ショウリョウバッタ♀幼虫(バッタ科)<逃がすところ>

草むらには、ショウリョウバッタがたくさんいた。ほとんどがまだ幼虫(終令か終令に近い)だった。幼虫は、若いうちは全体がうす緑色だが、終令に近づくにつれ、茶色、緑色、しまもようのあるもの、などに分かれる。♀の成虫は75cm〜80cmと大きく、日本最大のバッタだ。

ショウリョウバッタ♂s.jpg
ショウリョウバッタ成虫(バッタ科)

♂の成虫は40cm〜50cmとメスよりだいぶ小さい。草むらを歩いていくと不意(ふい)キチキチと音を立てながら飛び出す。ススキなど、イネ科の植物を食べる。
posted by はけの森調査隊 at 15:25| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。