2009年08月13日

★セミ・カメムシのなかま ヒグラシ・ミンミンゼミ・アブラゼミ

<セミの季節>
今年の夏は、つゆ明け宣言(7月14日)の後も雨や曇りの日が多く、いつもならガンガンに暑い夏休みも、はっきりしない天気のまま半ばを過ぎた。
今日の午後は、湿気(しっけ)は多いものの熱い夏の日がさし、セミの大合唱がピークを迎えているようだ。いちばんにぎやかなアブラゼミにまじってミンミンゼミも鳴き、町寄りの方ではたまにしか聞こえないヒグラシも、野川公園はけの林では、あっちこっちで呼び合うようにカナカナと鳴いている。
9日にはクマゼミの声を聞き(本来の生息地は西日本)、きのう(12日)からツクツクボウシ(夏遅めに発生)も鳴き始めた。

ヒグラシ8946s.jpg
ヒグラシ(セミ科)体長:40mm~50mm(羽の先まで)

ミンミンゼミs .jpg
ミンミンゼミ(セミ科)体長:57mm~63mm(羽の先まで)

アブラゼミs.jpg
アブラゼミ(セミ科)体長:55mm~60mm(羽の先まで)
posted by はけの森調査隊 at 17:56| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。