2009年09月10日

★チョウ ナガサキアゲハ

第3回ミニ調査会で観察したもの1

ナガサキアゲハ♀.jpg
ナガサキアゲハ♀(アゲハチョウ科)

実生(みしょう=種からはえた)のカラタチコーナーに産卵にやって来たようだ。この緑地では初めての目撃・撮影1940年代までは南方の限られた地域に生息する種だったが、温暖化のせいか?北上を続け、2000年代には関東地方でも見られるようになったとのこと。小金井での目撃はそう多くないが、この夏、数を増しているようだ。この時はじきに飛び去ってしまったが、ここはアゲハ類の通り道になっているので、そのうち幼虫が見つかるかもしれない

ナガサキアゲハ♂cs.jpg
ナガサキアゲハ♂ 090917撮影

メドゥーセージで吸蜜しているところを初撮影。追加としてここに入れる。♂の表羽は紋様が無く黒一色、尾状突起(びじょうとっき=後ろ羽に、しっぽのようにとびだしている部分)が無い大きな黒いアゲハが飛んでいたら、それはこのチョウだ。光線によって青紫色に光って見える時がある。


posted by はけの森調査隊 at 21:04| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。