2009年09月30日

★ガ ホシホウジャク ホシヒメホウジャク

ホシホウジャク0393s.jpg
ホシホウジャク(スズメガ科)090926

朝や夕方うす暗くなるまで、ブーンという羽音をたてながら花から花へ、ハチドリのようにホバリングしながら蜜を吸っている。長い口吻(こうふん)は、このメドゥーセージのような筒(つつ)の長い花の奥まで届く。幼虫の食草はヘクソカズラ(アカネ科)。サナギ越冬(成虫越冬のものもいるとのこと)。

ホシホウジャク背s.jpg
ホシホウジャク(スズメガ科)090926

似た種に、クロホウジャク・ヒメクロホウジャクがあるが、うしろ羽のオレンジの部分がクロホウジャクより巾(はば)が広くつけ根近くまであること等、ヒメクロホウジャクとは背中の色ともよう、オレンジの部分の巾等で見分けられる。大きさは、クロホウジャク>ホシホウジャク>ヒメクロホウジャク。

ホシヒメホウジャクcs.jpg
ホシヒメホウジャク(スズメガ科)090926

ホシホウジャクよりひとまわり小型、腹が太めでずんぐりした感じ。口吻も少し短く、花が小型のランタナの蜜を吸いに来た。幼虫の食草は同じくヘクソカズラ。ササ類の根ぎわなどで成虫越冬するとのこと。

ホシヒメホウジャク閉翅cs.jpg
ホシヒメホウジャク(スズメガ科)090926

ジッとまっているときは、枯れ葉のよう。食草ヘクソカズラは、どこにでもはえるツル性の植物。ぬかずにおけば、いつの間にか幼虫が育っているかもしれない。
posted by はけの森調査隊 at 21:10| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。