2009年10月17日

★チョウ クロアゲハ

クロアゲハ♀産卵に来たs.jpg
クロアゲハ♀(アゲハチョウ科)090910

はけの森緑地2のカラタチに産卵に来たところ。クロアゲハは、ふつう日かげのミカン科の木に産卵する。このカラタチコーナーは東西に1列に並んでいるので、同じ木の北がわには黒いアゲハが産卵し、南がわにはアゲハが産卵して行く。♀は♂よりひとまわり大きく、飛んでいると前羽は白くすけるような感じに見える。

クロアゲハ♂s.jpg
クロアゲハ♂ 080913

野川べりで吸水(きゅうすい)。クロアゲハは、春・夏・秋の3回発生する。オスは後羽の赤い紋(もん)があまり目立たないが、メスの紋は大きくて数も多い。

クロアゲハ終令初期s.jpg
クロアゲハ終令幼虫(初期)091017 体長:40mm(55mm位まで成長する)

秋も深まり、チョウの姿は少なくなってきたが、幼虫があちこちで育っている。ミカンやカラタチの木があったら、さがしてみよう。大きな木より、苗木のような小さな木にいることが多い。

クロアゲハ蛹S.jpg
クロアゲハ蛹 体長:40mm 飼育個体

サナギで越冬し、来年の5月頃羽化する。サナギは、緑色型と茶色型がある。アゲハ(ナミアゲハ)に形は似ているが、より大型で、<ツノ>が大きくとがる。
posted by はけの森調査隊 at 18:19| Comment(0) | 10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。