2009年11月30日

小春日和にB ★チョウ ツマグロヒョウモン・ヒメアカタテハ・ベニシジミ

ツマグロヒョウモン♂2140s.jpg
ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)091126

かれ葉色の中をあざやかなオレンジ色が飛ぶ(キタテハは地味なオレンジ色)。西南の地から北上して定着した種だが、まだまだ元気だ。ここ数年来、春〜夏〜秋、野や町中をはなやかにいろどっている。このあたりではサナギ越冬や幼虫越冬などいろいろあるようだ。

ヒメアカタテハ_2186s.jpg
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科)091126

赤色が少し見えるオレンジが飛んだら、ヒメアカタテハ。このあたりでは、春先はたまに、秋には野川周辺でよく見かける。幼虫の食草はヨモギなどのキク科植物。成虫か幼虫で越冬。

ベニシジミ♀2136s.jpg
ベニシジミ(シジミチョウ科)091126

小さなオレンジ色はベニシジミ。春早くから飛びはじめ、何度も発生をくりかえして12月半ばまで見られる。夏のものより、秋冬〜春のものの方がオレンジ部分が多い。♀は前羽の先が♂より丸い感じ。幼虫の食草はギシギシ(水辺に多い)などタデ科植物なので野川周辺でも多く見られる。幼虫越冬。
posted by はけの森調査隊 at 11:17| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。