2009年12月31日

★鳥 庭に来る鳥@ シジュウカラ・メジロ・ヒヨドリ

シジュウカラ・ヒマワリs.jpg
シジュウカラ(シジュウカラ科)091231

冬の庭やベランダに鳥たちを呼ぶ手はじめは、ヒマワリのタネ。カゴに入れておくと、ほどなくシジュウカラがやって来る。一つくわえると、近くの木の枝や木かげのお気に入りの場所に飛んでいき、クチバシで器用(きよう)にカラを開けて中身を食べる。スズメ・カワラヒワ・キジバト等もやって来る。

メジロ×2/2703s.jpg
メジロ(メジロ科)091223

次はミカン。S字のフックや木の枝にさしておくとメジロがやってきて熱心についばむ。庭のあちこちを飛び回って、葉を落とした枝々の茂みの中でチーチーと楽しそうに(?)シジュウカラと一緒に群れていたりする。木の芽を食べているのだろう。

ヒヨドリ水浴び2694s.jpg
ヒヨドリ(ヒヨドリ科)091223 水あびして羽をブルッとふるわせているところ

ミカンにはヒヨドリもやって来て皮まで食べる。小さな鳥を追い出してエサ場をひとりじめするし、ナンテンやセンリョウ、菜園の菜っぱからパンジーの花びらまで、何でも食べてしまうのできらわれ者だが、植えたはずのない小さな木があちこちに生えているのは、この鳥によることも多いようだ。
posted by はけの森調査隊 at 13:55| Comment(0) | 12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。