2010年01月10日

★鳥 庭に来る鳥B アカハラ

アカハラ1s.jpg
アカハラ(ヒタキ科)100107 山地にすみ、秋から春先までは平地で過ごす

ヒマワリやミカンのエサやりになれたら、ピーナッツやクルミ・リンゴなど、手に入りやすいものでいろいろためしてみよう。また、生きえ(虫の幼虫やミミズなど)を用意すると、やってくる鳥の種類も多くなる。ミールワーム<甲虫(こうちゅう)の幼虫でペットショップやホームセンターで売られている>は、アカハラをはじめウグイスやジョウビタキなどの好物のようだ。
鳥は、エサだけでなく、おいてある場所やまわりの環境(かんきょう)がちょうど良いところに飛んでくる。鳥たちのようすを見ながら、少しずつ工夫をしていこう。
エサ場を作らなくても、落ち葉をかたづけてしまわずそのままにしておけば、その下に住んでいる小さな虫や、自然にこぼれ落ちた草の実などを食べにいろいろな鳥がやって来て楽しい。
posted by はけの森調査隊 at 20:57| Comment(0) | 1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。