2010年02月18日

★甲虫 ヤノナミガタチビタマムシ

ヤノナミガタチビタマムシ・ゾウムシ.jpg
ヤノナミガタチビタマムシ(タマムシ科)約3mm 070207  (右はゾウムシのなかま)

ケヤキのはがれかけた樹皮をそっとどけてみると、キラキラ光るとても小さい甲虫がいた。チビタマムシのなかまは、よく似ていて見分けがつきにくい。白い波もよう(白い毛からなる)のちがいや、身体の丸み、ケヤキにいた(越冬なので他の木から来たとも考えられるが)、などから、ヤノナミガタチビタマムシと判断した。幼虫は、ケヤキの葉にもぐりこんで成長するとのこと。

参考 http://tokyoinsects.web.fc2.com/coleoptera/yanonamigatachibitamamushi.html
   http://wolffia.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/trachys-6d08.html
posted by はけの森調査隊 at 10:37| Comment(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。