2010年06月14日

★活動報告 第59回はけの森調査会<ハチ宿を作ろう!>

第59回はけの森調査会<ハチ宿を作ろう!>

10/05/30(土)9:30〜12:00  曇 気温16℃  参加17名
はけの森緑地2にて

この日のテーマは、ハチ宿観察とハチ宿作りです。
ハチ(特にカリバチ)の研究家田仲義弘(たなかよしひろ)氏の熱のこもったお話はとてもエキサイティング、皆夢中で観察したり工作したり、雨上がりの肌寒さはいつの間にかふき飛んでいました。

ハチ宿見てるs.jpg

これはヒメハキリバチの巣、こっちのは・・

竹筒のフタs.jpg

このハチ宿は、昨年11月かぶと山公共緑地(小金井市本町)から移設されたものですが、何種ものハチが巣を作っています。種類によってフタの材料がちがい、また竹筒の太さもそれぞれに選んでいます。

竹の中を見るs.jpg

竹をわって中のようすを見ました。きちんと1匹づつのへやが作られています。

オフオド前蛹.jpg
オオフタオビドロバチ(スズメバチ科)前蛹(ぜんよう)

このオオフタオビドロバチはもうすぐサナギになり、その後羽化します。わった竹は元通りに合わせてテープで巻き、元の場所にもどしておけば大丈夫。

iPadで説明s.jpg
これはますいのハリをさしているところ  

資料見ながらs.jpg
出口の方向はどうやって知るのでしょう?

先生ご持参の最新IT機器iPadには、貴重(きちょう)なデータがぎっしり、 めずらしいハチの生態(せいたい)写真に皆から感嘆(かんたん)の声。カリバチの検索表(けんさくひょう)で、観察したハチの名をたしかめたり、クイズにもちょうせん。

竹を選ぶs.jpg

太さのちがう篠竹(しのだけ)を何本かえらんで、いよいよハチ宿作りです。

竹を切る親子s.jpg
しっかりおさえていてね 
        
竹を切るs.jpg
工作でノコギリは使いなれてるよ

節(ふし)と節の間を切ると、両側からハチが利用できます。

竹の束ね方1s.jpg

10本くらい切れたら、シュロなわでたばねます。

自家用ハチ宿s.jpg
観察用のハチ宿完成

雨のかからない、直射日光(ちょくしゃにっこう)のあたらない、風通しの良いところにおきましょう。これからの季節、いろいろなハチがやってきます。夏休みの自由研究にしても良いですね。カリバチはギュッとつかんだりしないかぎり人を刺(さ)しません。安心して観察してください。

☆今回も、写真については特別隊員T.K氏にご協力いただきました。
posted by はけの森調査隊 at 13:29| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。