2010年07月23日

★活動報告 第60回はけの森調査会<箱メガネを作ろう!>

第60回はけの森調査会<箱メガネを作ろう!>
10/7/18(日)9:30〜12:00  晴 気温32℃  参加21名
野川公園入口〜わき水広場


前日の17日に梅雨(つゆ)が明け、夏の日ざしがまぶしい朝となりました。はじめに箱めがねを作り、そのあとは、野川にそって川の中や岸べの生きものを見ながらわき水広場まで、楽しい半日を過ごしました。

オニヤンマ交尾As.jpg オニヤンマ交尾正面ss.jpg
オニヤンマ(オニヤンマ科)交尾 野川公園入口  正面から見たところ

調査会が始まる前の9時10分頃、上空にオニヤンマのカップルが飛んできて高い木の枝先にとまりました。高い所にとまっていたので、よく見えなかった人もいるかもしれません。野川公園を代表するトンボです。

箱メガネができたよs.jpg 箱メガネで見るA.jpg
できた!                何がいるかなー?

空きペットボトル利用の箱メガネ作りはかんたんです。ペットボトルの上と下を切り取り(カッターで少し切れ目を入れ、ハサミで切ると切りやすい)、上のフチをビニールテープで巻き(ギザギザをカバーするため)、下をラップ(なるべく巾広の)でつつみワゴムで止める。持ちあるき用に、ヒモをつけると便利。

水生昆虫の話.jpg
水の中には、いろいろな生きものがいます。石の下にくっついたりしていますよ。

川の中@7180029s.jpg
やなぎ橋付近

ここは浅瀬(あさせ)になっていて、観察しやすく、冷たいわき水も流れこんでいます(写真右側のところが流れ込み口)
  
川の中B7180023s.jpg 川の中A7180026*sjpg.jpg
遠くに見えるのはさくら橋

ニイニイゼミ殻5921s.jpg ヒラタドロムシ幼たてs.jpg
ニイニイゼミのぬけがら         ヒラタドロムシの幼虫

やなぎ橋付近では、水の中:ハグロトンボ幼虫・アメンボ・メダカ・カワエビのなかま・ヒルのなかまなど、陸上:ニイニイゼミ(ぬけがらも)・ハグロトンボ・シオカラトンボなどを観察しました。見つけた生きものは、例年にくらべ(野川夏マップA等を参照)少なめでした。

わき水@s.jpg
わき水広場の流れ

わき水Cs.jpg わき水As.jpg
入ってるかなー?         うもれてしまいそうーー!

わき水Ds.jpg 生きもの見てるs.jpg
小さーい虫みつけた!          ガガンボの幼虫って大きいんだねー

わき水ひろばの流れには、オニヤンマの幼虫フタツメカワゲラの幼虫・フタスジモンカゲロウの幼虫・ホトケドジョウ・ガガンボの幼虫などがいました。箱メガネは、どこでも簡単に作れるので、いろいろな場所でためしてみてください。
☆観察したもののいく種かは、後の記事で紹介します。

posted by はけの森調査隊 at 13:42| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。