2010年08月17日

★甲虫 ゴマダラカミキリ・キボシカミキリ

ゴマダラカミキリs.jpg
ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)100808 約30mm

小金井近辺でいちばんよく見かけるカミキリムシのなかま。ミカンやヤナギなどの樹皮(じゅひ)や葉をかじり、幼虫もこれらの生木(なまき)の中で木の内側を食べて育つので、我々にとっては出会うと楽しい虫だが、ミカン農家などにとっては、大事な作物を荒らすきらわれものだ。

ゴマダラカミキリ背s.jpg
ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)920818

はけの森1ができて間もない1992年の夏、クマザサの上で。触角(しょっかく)のまだらもようがきれいだ。昼も夜も活動し、人家の近くでも見かける

キボシカミキリs.jpg
キボシカミキリ(カミキリムシ科)約25mm 070803
  
ゴマダラカミキリより少し小さめで、黄色の斑点(はんてん)がある。クワやイチジクの樹皮や葉をかじり、幼虫もこれらの生木の中で木の内側を食べて育つので、やはり農家のきらわれものだ。小金井近辺では少ない。

posted by はけの森調査隊 at 14:41| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。