2011年02月28日

★活動報告 第61回はけの森調査会<ワラ巻きの中をしらべよう!>

第61回はけの森調査会<<ワラ巻きの中をしらべよう!>
11/02/19(土)9:30〜12:00  曇 気温7℃  参加5名
はけの森緑地2にて

曇りがちの、とても寒い日でした。
去年秋の第4回ミニ調査会(110106実施)で6本の木に巻いたワラをはずして、中に入っている生きものを調べました。
「ワラ巻き」というのは、本来は「こも(菰)巻き」と呼ばれるもので、秋、
ワラ(藁)でできた「こも」をマツに巻いて、マツカレハの幼虫(マツを食害する)が入るのを待ち、春先には「こも」ごと焼いてしまう、という昔からの虫退治(たいじ)の方法です。庭園のマツに「こも」が巻かれている光景を目にした方も多いでしょう。しかし、一緒に入っているマツカレハの天敵ヤニサシガメをはじめ、大多数を占(し)める他の生きものも焼いてしまうので、現在はだんだん行われなくなってきています。
調査隊では、観察・撮影後、生きものは緑地内にもどしています。

カキのワラ巻きを取る8563s.jpg ワラを袋に入れる8569s.jpg
カキの木に巻いたワラをはずす       そのまま袋に入れる

ナミテントウ8567ks.jpg テントウムシ見つけ8566s.jpg
ワラをはずしところにナミテントウがいた  アッ、テントウムシ!

ワラを広げて見る8603s.jpg
ひろげて虫を調べる

ピンセットで虫を採る8600s.jpg ワラの中クモ越冬巣8557s.jpg
ワラの間にはいろいろな小さな虫がいる  越冬巣から出ようとしているクモ

ワラの中や樹皮(じゅひ)には様々な小さな生きものがいました。クモが一番多くて10種・合計25匹、甲虫は7種・9匹、その他ハチ・ハエ・カのなかまなど。小さくて、似たものも多く、同定(どうてい)するのが難しい。

アリグモ9244S.jpg ワカバグモ亜成体9501c.jpg
アリグモのなかま 5mm         ワカバグモ 8mm

ムーアシロホシテントウ8655s.jpg キイロテントウ8630s.jpg
ムーアシロホシテントウ 4mm        キイロテントウ 4.5mm

ベダリアテントウ8660s.jpg チビヒゲナガゾウムシのなかま8705s.jpg
ベダリアテントウ 3.5mm         チビヒゲナガゾウムシのなかま 4mm

イッスンムカデs8636.jpg クチブトゾウムシsp横9150s.jpg
イッスンムカデ 15mm         クチブトゾウムシのなかま 4mm

タイサンボクに一番たくさんの生きものがいました。木によって集まった生きものたちの種類や数に少し差はありますが、調べた本数も少ないので良くはわかりません。生きものたちが好きな種類の木で、樹皮に凸凹があり、はがれかけた部分もあるような木には、よりたくさんの虫が冬ごししているようです。

感想文s.jpg
S.N君(小3)から届いた日記

第46回調査会<冬の生きもの>060211実施でも、はけの森緑地2で、ワラ巻きの中や緑地内の冬ごしの生きものを観察をしました。ご参照ください。
☆観察した生きもののデータや、いく種かの生きものについては後の記事で。
☆ワラ巻き用資材は、東造園様(埼玉県所沢市)よりご寄贈いただきました。

posted by はけの森調査隊 at 22:03| Comment(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。