2011年04月21日

★活動報告 2011年度 第1回はけの森ミニ調査会

第1回はけの森ミニ調査会 
11/04/02実施 はけの森2にて  晴れ  気温17℃  参加6名 

今年は春の到来が遅く、緑地のサクラもほんの一分咲きくらいでした。
調査会が始まってすぐ、ウグイスがやって来ました。姿を追っていると、木の茂みの中で ♪ホーホケキョ
♪ と鳴きました。初鳴きかもしれません。

ウグイス地面9750cs.jpg
ウグイス♂ 110402
ウグイス囀s.jpg ウグイス9736ガs.jpg
ウグイスが鳴いた            ガをつかまえたよ

昨年春の第1回ミニ調査会(10/04/03)では、はけの森緑地1で、隊員のM.I.君がウグイスの空き巣を発見しました。近年は、はけの森1で繁殖(はんしょく=子をつくり、子孫(しそん)をふやす)を続けているようです。このウグイスもはけの森1周辺にすみついているものでしょう。

ビロウドツリアブ飛翔9916S.jpg
ビロードツリアブ(ツリアブ科)約10mm

日当りの良い落ち葉の上にビロードツリアブがいました。春早めに出現し、5月ごろまで見られるツリアブのなかまで、ホバリングしながら花の蜜を吸います。幼虫はハナバチ類の幼虫やサナギに寄生し、1令幼虫は寄主をさがして歩きやすいようにシミのような形をしていて、2令以降はちがう形になる、という「過変態(かへんたい)」をするとのこと。(この不思議な生態についてはくわしいことがわかりましたら後ほど別の記事にて)

キチョウ9924s.jpg
キタキチョウ♂(シロチョウ科)

成虫越冬のキタキチョウがいました。例年の4月ミニ調査会では、たいていモンシロチョウツマキチョウが飛んでいるのですが、今年は発生が遅(おそ)めです。(小金井初見:モンシロチョウ03/20ツマキチョウ04/10)。ムラサキハナナ(モンシロやツマキ幼虫の食草)もまだあまり咲いていません。
☆今年のモンシロチョウ初見調査については、「my蝶アルバム」様の記事をご参照ください。

朽ち木を探る9681s.jpg カブト幼虫9682.jpg
クワガタはいないかなー                           カブトの幼虫だ

緑地の奥の、くずれかけた丸太積みの中をさぐってみると、カブトムシの幼虫がいました。奥の方にもっといる様子でしたが、そっとしておくことにしました。この丸太みは、2003年秋、この緑地内にあったトチノキを伐採(ばっさい=きりたおす)した際に積んでおいたもので、2009年06/06のミニ調査会Aでは、コクワガタ♀と幼虫が、2010/06/05のミニ調査会Aではコクワガタ♂が見つかっています。また2010/04/03のミニ調査会@では、カリンの丸太積みでコクワガタ♂♀と幼虫が見つかっています。

新しい丸太積み9690.jpg
新しい丸太積み

だいぶくずれているトチノキの丸太積みの横に、新しく丸太積みを作りました。これらの材は市内で伐採されたものです。どんな生きものたちがやって来るでしょう?

顕微鏡を見て描く10433.jpg 観察ノート・ミジンコ9767s.jpg
ミジンコっておもしろいなー!      隊員M.I.君の観察ノート

池で見つかったのは、クロスジギンヤンマの幼虫1匹(いつもはたくさん見つかるのですが)とアカムシ、ミジンコがたくさん。ミジンコを顕微鏡(けんびきょう)で観察しました。


posted by はけの森調査隊 at 21:06| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。