2011年08月30日

★セミ・カメムシのなかま エビイロカメムシ

エビイロカメムシ幼虫4132s.jpg
エビイロカメムシ(カメムシ科)約15mm 110804

8月の初めごろ、野川ぞいのオギ原に、見たことも無いヘンな虫がいた。オギやそのまわりの葉っぱにピタッとくっついてじっとしている。調べてみたら、エビイロカメムシの幼虫だった。

エビイロカメムシ4502ss.jpg
エビイロカメムシ(カメムシ科)約17mm   110829

8月末、様子を見に行くと、成虫になっていて、やはりあちこちのオギの葉っぱにくっついていてほとんど動かない。写真を撮っていたらお尻からおしっこのようなものシュッと出した。おどろかすと出す習性があるらしい。成虫越冬で、幼虫も成虫もススキやオギの汁(しる)を吸って生きている。

posted by はけの森調査隊 at 15:13| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。