2011年09月11日

★トンボ リスアカネ・マユタテアカネ・オオアオイトトンボ (9月のはけの森)

9月のはけの森2のようす−1

9月3日(土)の第3回ミニ調査会が台風のため中止となったので、1週間後の9月10日(土)の午前中、はけの森緑地2の様子を見に行った。

昨年の第3回ミニ調査会(100904)と同様に、アブラゼミやツクツクボウシが鳴き、ミンミンゼミの声も聞こえていた。残暑とは言えどこか秋めいた日射しの中に、トンボをはじめ、いろいろな生きものが見られた。

リスアカネ4869s.jpg
リスアカネ♂(トンボ科) 110910

毎年の秋、池の主のようにずっと竹棒の先にとまっている赤とんぼ。羽の先が黒く、胸までは赤くならないのが特ちょうだ。

リスアカネ交尾4832s.jpg
リスアカネ交尾 110910

そこへ♀が飛んで来た、と思ったら♂がすばやくキャッチ、池のフチのイロハモミジの高い所にとまった。ずいぶんと長い間ジッとしたままだ。その後、飛び立ったが、産卵の光景を目にする事はできなかった。

リスアカネ別個体4864s.jpg
リスアカネ♂(トンボ科) 110910

なんと、はじめに竹棒にとまっていたリスアカネが交尾をしているスキに、早くも別の個体が同じ竹棒の先にとまった。

マユタテアカネ4875s.jpg
マユタテアカネ♂(トンボ科) 110910

リスアカネ・オオアオイトトンボの2常連に加えて、去年から時々顔を見せるマユタテアカネ。少し小ぶりの赤とんぼで、腹部はあざやかな赤色、羽の先までとうめいだ。♂はシッポの先がそりかえっている。

リスアカネの顔5028.jpg マユタテアカネ顔4894.jpg
リスアカネの顔             マユタテアカネの顔(眉のような班がある)

オオアオイトトンボ4861s.jpg
オオアイオトトンボ♂(アオイトトンボ科) 110910

はけの森2ではおなじみのオオアオイトトンボも健在だ。池のフチの草や木の茂みの中をのぞくと、フワーッと飛んでいる。10月〜11月ごろには、交尾・産卵の光景を見られるかもしれない。
posted by はけの森調査隊 at 18:10| Comment(2) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マユタテアカネの眉紋は眉というより
鼻の穴に見えてしまい可笑しくなってしまいます。
腹端の突起は上に反り上がり,
胸の黒条はぽつんと孤立した状態なので同定は楽でした。
もっと成熟した赤いマユタテアカネを写したくなりました。
Posted by itotonbosan at 2014年01月25日 14:59
コメントありがとうございます。
マユタテアカネ♂の赤は、ほんとに鮮やかで、唐辛子みたいです。
アカネのなかまは、若い時はちょっと見、見分けにくいですよね、マユタテはわかりやすいですが。
貴ブログ拝見しました、情報がとても詳しく、今後の参考にさせていただこうと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 隊長 at 2014年01月25日 17:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。