2011年11月17日

★カメムシのなかま キマダラカメムシ

キマダラカメムシ終令幼虫6310s.jpg
キマダラカメムシ終令幼虫(カメムシ科) 15mm  111114

「ヘンなカメムシがいる!」とびっくりしている子供。
「これはキマダラカメムシっていう東南アジアから帰化したカメムシの幼虫だよ。今までは九州や沖縄にしかいなかったんだけど、最近では東京にも現れているんだ。」
これは最近知ったばかりの情報だ。成虫で越冬するとのことだが、まだ幼虫のまま、しかも寒さのためかだいぶ弱っている。サクラ・ナシ・エノキなど20種以上の木の葉や茎(くき)から汁をすって成長するとのこと。

    キマダラカメムシ若令幼虫.jpg
    キマダラカメムシ若令幼虫 110914 神奈川県にて N.A.氏撮影

今年9月15日、はけの森緑地2に見たことも無い妙なカメムシの幼虫がいた。
調べようと思っていたその日、神奈川県に住む知人から「9月14日、見なれない虫を見かけた・・・キマダラカメムシの幼虫と判明した」との情報が届いた。はけの森にいたものとそっくりなので、知人の写真を掲載させていただく。


キマダラカメムシ.jpg
キマダラカメムシ成虫 約20mm  1109 九州にて my蝶あるばむ様より

成虫はまだ見かけていないので、my蝶あるばむ様の写真を転載させていただく。大型のカメムシだ。神奈川県の知人は、その後10/1、太いエノキに20〜30匹ほど幼虫〜成虫を見つけたそうだ。冬、皆さんの家の雨戸のすきまやのき下などにひそんでいるのが見つかるかもしれない。

追記
2012.9.13に、はけの森緑地2で初めて
成虫を見た。第3回ミニ調査会報告(120915付記事)参照。

<倉敷昆虫館>のサイトより
このカメムシは、1770年に長崎で発見された外来種で、近年まで九州と沖縄にしか生息していなかったのですが2000年代に入ってから中国地方へ分布を広げ、2006年からは岡山県でも南部を中心に各所で目撃されるようになり、更には関西地方まで広がったようです。2010年には東京での生息も確認されています。非常に早い速度で東進(北上)しているようですが、これも地球温暖化の影響でしょうか。

 
posted by はけの森調査隊 at 10:50| Comment(6) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キマダラカメムシ成虫の写真お使いいただいて光栄です。
本種については、幼虫は綺麗だが、成虫はいまいちという評もあるようですが、私が出会った成虫は、夕方であり光線の都合なのか、銀河をまとったように美麗で魅力的でした。
Posted by grassmonblue at 2011年11月23日 18:00
成虫ってどんなだろう?と図鑑で見た時は
ごく普通のカメムシの感じでしたが、
grassmonblue様の撮影された成虫は、
とてもきれいでびっくりしました。
南方系の雰囲気を醸し出していますね!

さて、実物にはいつどこで出会えるか、
どんな印象を与えてくれるのか、興味津々です。
Posted by 隊長 at 2011年11月24日 09:32
昔の記事にコメントで失礼します。本日、2014年9/21に夫が
東村山(東京都)の空堀川添いで、発見して持ち帰ってきました。
カメムシの図鑑には台湾とか書いてあったので、違ったかと思い
ネットを調べましたが、まさにこれでした。小金井市は近くだから
広がっているんですね、きっと。
Posted by KATE.T at 2014年09月21日 22:03
KATE.T様

コメントありがとうございます。
キマダラカメムシは、翌年には、そう多くはないけれど小金井のあちこちで見られるようになりました。
http://hakenomori.seesaa.net/article/292617708.html

現在は、小金井・小平を中心にして、その周辺にだいぶ拡がりを見せているようです。我が家でも毎年数匹は越冬しています。
また、狭山の方でも発見され、これはルートが違うかもしれないと言われています。
いただいた情報の東村山は、その中間あたりなので、どちらから拡がってきたのか、あるいは、小金井〜狭山をつなぐルートだったのか・・?

まだまだ情報が少なく、ただ今探索中です。
何かありましたら、またお知らせください。

Posted by 隊長 at 2014年09月22日 20:56
キマダラカメムシの若齢幼虫を江東区と江戸川区の境、亀戸中央公園の脇、旧中川にかかる「ふれあい橋」江戸川区側袂で見つけました。
Posted by kazu.T at 2017年09月14日 18:15
kazu.T様

情報ありがとうございます。
はじめの頃の発生地小平・小金井からずいぶんと離れた場所での発見なので、驚きました。今現在の状況を知りたいと思い、このカメムシを調査されていて、いつも指導を仰いでいる平井一男先生(NPO法人自然環境観察会主宰)にお訊きしたところ、以下の様なお答えをいただきました。

*******
キマダラカメムシは東京付近では、2008年以降2012年12月までの記録では小平市、小金井市、葛飾区で毎年発生している。
2016年12月までは清瀬市、埼玉県新座市内で発生が確認されています。
ブログへのコメントから察するに葛飾区あたりから拡大していったと思われます。
ほかの地域から生息地域が拡大していったことも想定されます。
*******

またの情報よろしくお願いいたします。





Posted by 隊長 at 2017年09月16日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。