2011年12月20日

★チョウ コムラサキ越冬幼虫2011

コムラサキ越冬幼虫6803ss.jpg
コムラサキ(タテハチョウ科)越冬幼虫 シダレヤナギ 111216 10mm

野川公園のシダレヤナギの幹(みき)のくぼみにコムラサキの越冬幼虫を見つけた(大写しになっているが、たった1cm)。
第58回はけの森調査会(100220)ではじめて見つけ、その次の冬(2010.12〜2011.03)は、「この冬も3匹いたよ」というJ.W.君からの情報があり、今回で3年連続の越冬幼虫確認。前回は撮りにくい所にいたのでうまく撮れなかったが、今回は撮りやすい所に居て、白い部分が目立つ個体だ。


コムラサキ♂1867s.jpg
コムラサキ♂(タテハチョウ科) 110612

成虫は、2005年7月の調査会ではじめて観察して以来、年々観察数がふえている。第62回調査会(110605)でもシダレヤナギのまわりや観察園の中を飛ぶすがたが見られた。高原の雰囲気(ふんいき)を持つこのチョウを見られるのはうれしいことだ。年3回の羽化、野川ぞいでは、6月初め〜8月ごろに良く見られる

来年2012年2月19日(日)に、第64回はけの森調査会<冬ごしの生きものはどこにいる?>を開催します。
コムラサキ幼虫や、落ち葉の下の生きものなどをさがしてみませんか?
どうぞご参加下さい。
posted by はけの森調査隊 at 10:52| Comment(2) | 12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。

激減する種が話題になりがちですが、
はけの森では、ここ数年コムラサキはじめ復活するチョウも多いことを実感しますね。
今年も、美しい自然と生き物とのハッピーな出会いが沢山ありますように、そして隊長さんはじめ調査隊の皆さんのますますのご活躍を祈ります。
Posted by grassmonblue at 2012年01月01日 21:46
暖かいメッセージありがとうございます。

ほんと、野川沿いでは、年々、初見(または再出現)のチョウが増えていて、不思議なほど。いつの間にか人々にも多く知られるようになり、それも驚きです。

今年も、たくさんの出会いがあることを期待しつつ、より楽しい計画を立てて行こうと思っています。
どうぞよろしく!
Posted by 隊長 at 2012年01月03日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。