2012年04月03日

★チョウ コムラサキ越冬幼虫目覚める(2012)

コムラサキ越冬幼虫・目覚め.jpg
コムラサキ越冬幼虫の目覚め 120402

4月2日の昼下がり、隊員のW君親子から「今、コムラサキが木を上っています」とのメールと写真が届いた。「是非レポートを」とお願いしたところ、本日(4/3)以下のような詳しい状況報告をいただいた。ありがとうございます。
2010年の目覚めは、3月16日でした。

****************************************************

4月2日午後1時30分、コムラサキ越冬中の柳で観察しようとみると、1頭(調査会での幼虫@−北西側にいた個体−)が移動を開始。
また、もう1頭が真西のあたりを目の高さ位まで登っているのを息子が発見。こちらの個体の方が、スピードが速かった。(
調査会での幼虫A−真北にいた越冬個体−は、前の週にすでにおらず、観察することができなかったが、その子か?もしくは、もう1匹越冬していたか??)

色は白っぽい。うっすら緑ががった感じもした。
越冬中は前にのばしていた二本の角を、上に立てて、頭を振りながら木を登って行った。ちょっと横に行くこともあったが、あまり迷うことなく、一生懸命、まっすぐに登っていく。

15分ほど見ていると、真西の個体は、一番下の左右に張り出した枝には見向きもせず、太い幹を登っていき、見えなくなった。北西側の個体も、頭の高さを超えたので、午後1時46分、観察を終了。

今日(4月3日)午後には、春の嵐が吹くということなので少し心配だが、元気に成虫になってほしいと思う。(Y.W.)

意外に速いスピードでびっくりした。冬眠から覚めるところが見られて、タイミングが良かった。頭を振りながら登る様子がかわいい!本当はつれて帰って飼いたいけど…」(J.W)

******************************************************


野川公園パークレンジャーのK氏は、このシダレヤナギでもう1匹見つけていらっしゃるとのことなので、文中「真西のあたりを登って行った」のは、この3匹目かもしれない。

  
posted by はけの森調査隊 at 14:03| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。