2012年05月01日

★チョウ ゴマダラチョウ 幼虫から蛹へ

ゴマダラチョウ終令幼虫顔8465ss.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)終令幼虫 35mm 120425

第64回調査会(120219実施)で参加者にお見せしたゴマダラチョウ越冬幼虫武蔵村山市で採集)を飼育観察していた。エノキがようやく小さな新芽を出し始めた頃(4/2)、飼育箱の中を移動しはじめたので、何本かの枝を入れてみると、少しずつ食べて太りつつ、もとの枯れ葉に戻ったり。まだまだ寒い日が混じるせいだろうか?そんな日が続いた後、ふと見ると(4/17)、脱皮して終令になっていた。(写真はその1週間後)

ゴマダラ終令8483s.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)終令幼虫  35mm 120425

終令幼虫になってしばらくは、背中の赤い帯が目立っている(アカボシゴマダラ終令幼虫程ではない)が、だんだんに赤みはうすくなって来て、もうほとんど緑色だ。エノキの新葉が赤みをおびていて、だんだんに緑一色になるのと同時進行だ。

アカボシ終令0254ss.jpg
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)春の終令幼虫 38mm 080425

こちらはアカボシゴマダラ、やはりだんだんに背中の赤みはうすくなり、脇の白いスジが目立つ。突起(とっき)も白い。

ゴマダラ蛹準備8626s.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)終令幼虫蛹化準備 120430

サナギになる時期となった。気に入った場所が見付かったらしくだいぶ長い間動かずにジッとしていたが、やがて少し縮(ちぢ)んですきとおってきた。

ゴマダラチョウ蛹8797s.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)蛹 120501 28mm

翌朝はサナギになっていた。葉っぱに同化した美しい造形(ぞうけい)だ。サナギの期間は約2週間、5月中旬ごろには羽化するだろう。

☆飼育する場合、エノキは水あげが悪いので、こまめに新しいものととりかえよう。
秋のうちに実生の小さな苗木を見つけて、鉢植えにしておくと便利。

追記
このチョウは、5月10日に羽化した

  
posted by はけの森調査隊 at 22:16| Comment(2) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴマタラチョウがきれいな緑で葉の色が変わらないですね。美しい造形ですね。エノキという葉は水あげが悪いのですね。秋には鉢植えにすると便利なのですね。
エノキは自然にあるものですか?それとも買うものなのですか?サナギは羽化するのが早いですね。
また羽化した写真是非見れたら見たいです。
ゴマタラチョウの幼虫も始めてみましたがかわいいですね
Posted by かおり at 2012年05月03日 10:39
コメントありがとう。
エノキは、自然にあちこちに生えています。
公園等には大きな木があり、樹形がとても素敵な木です。
秋にかわいい赤い実がなり、それを鳥がよく食べるので、
フンと一緒に種が落ちて、いろいろな所で芽生えます。
葉の形を覚えておけば(ちょっとむつかしいけど)、
道ばたや野山に生えている小さな木を見つけることができますよ。
エノキの新芽が出る頃、越冬幼虫も目覚めるので、
そのままその木に上って行けば良いというわけです。
Posted by 隊長 at 2012年05月03日 13:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。