2012年05月31日

★セミ・カメムシのなかま アカスジキンカメムシ

アカスジキンカメムシ0076cs.jpg
アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)18mm  120530 ヤブマオの葉上

ヤブマオ(イラクサ科)の葉に、ジッととまっていた。カメムシのなかまは地味なものが多いが、このアカスジキンカメが属するキンカメムシ科のカメムシは派手(はで)なものが多い。南方系のものなので、このあたりでふつうに見られるのはこの1種だけだ。

アカスジキンカメムシ0122s.jpg
アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科) 120530 ヤブマオの葉上

横から見るとこんな感じ。背中がもり上がっている。

アカスジキンカメムシ羽化0141s.jpg
アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科) 120530 ミゾソバの葉上

今はちょうど羽化の時期のようだ。うすぐらい樹林地の下草で、羽化殻のそばにいる成虫を見つけた。羽化する際、何かの不具合で身体の一部分がつながったままになってしまっらしく、気の毒な状態になっている。

アカスジキンカメムシ幼虫0168s.jpg
アカスジキンカメムシ終令幼虫(キンカメムシ科)13mm 120530 ミゾソバの葉上

羽化の近そうな終令幼虫もいた。幼虫も成虫もハンノキやミズキなど、さまざまな植物の実を吸う。葉がボロボロに食べられているが、これは別の虫のしわざ。落ち葉の下や木の皮の間などで終令幼虫で越冬する。幼虫はよく見かけるが、成虫を見かける機会は少ないので、今が観察時だ。

  
posted by はけの森調査隊 at 22:11| Comment(4) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カメムシは見たことがありますが、

写真のようなカメムシは見たことがありませんでした。
鮮やかな色ですね!

幼虫も成虫も植物の実を吸っていたとは
知りませんでした。

10日にミニ調査会があるのですね。
また写真を見せてくださいね。
楽しみにしています♪
Posted by かおり at 2012年06月07日 16:44
こんばんは。
いよいよ歩けば虫たちに出会える季節になりました。
アカスジキンカメムシきれいに撮影されています!さすがです。
私も今年こそはこんな風に撮れればなぁと改めて思いました(^^)
Posted by hirokou at 2012年06月09日 00:53
かおりちゃん

いつも見てくれていてありがとう!
カメムシってあまり注目されてませんが(それに臭いし)、
このキンカメを初めて見た人は皆びっくりします。
実物はキラキラしてもっときれいです。
梅雨の晴れ間のお散歩のときは、葉っぱの上や葉っぱのかげを注目、
新発見があるかもしれませんよ!
Posted by 隊長 at 2012年06月09日 11:20
hirokou様

フィールドの達人に、お褒めの言葉をいただき冷や汗ものです・・・
確かに、この金緑色は、色がとんでしまったり、ドヨーンとくすんでしまっり、
実物のピカピカ感がなかなか出ませんよね。
偶然にも、午前の光回りが応援してくれたようです。
抜け殻をつけたキンカメ、その後どうしているかな?なんて思っています。
Posted by 隊長 at 2012年06月09日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。