2012年06月30日

★活動報告 2012第2回はけの森ミニ調査会

第2回はけの森ミニ調査会 
2012/06/10実施 はけの森2にて  晴れ  気温26℃  参加8名 

前日の
6月9日に関東地方は梅雨入りしましたが、この日は朝から好天に恵まれ、観察日和となりました。

網を持ってs.jpg
クロアゲハ、にげちゃった!

ジャコウアゲハの卵6548s.jpg ジャコウアゲハ若令幼虫0954s.jpg
ジャコウアゲハ(アゲハチョウ科)の卵  ジャコウアゲハ若令幼虫

ウマノスズクサには、ジャコウアゲハの卵や幼虫がたくさんついていました。卵は葉裏や新芽に産みつけらることが多く、数個かたまってついていることもあります。S.I.さん曰く「ルーペで見ると、宝石よりきれいで神秘的!」

カラタチの後にP0008s.jpg
アゲハの幼虫いるかなー? (カラタチの植え込み)

実生の小さな苗だったカラタチは、垣根のようになっています。この日幼虫は見つかりませんでしたが、アゲハやナガサキアゲハなどの幼虫がいることもあるので、通りがかった時はさがしてみてください。

クロアゲハ若令幼虫7331s.jpg クロアゲハ幼虫見てる.jpg
クロアゲハ(アゲハチョウ科)若令幼虫

樹林地(じゅりんち)のナツミカンの葉に、クロアゲハの幼虫がいました。
 
シロテンハナムグリ0964s.jpg
シロテンハナムグリ(コガネムシ科)22mm

M.I.君が見つけたシロテンハナムグリ、樹液(じゅえき)や果実や花などに来ます。幼虫はやわらかくなったくち木や腐葉土(ふようど)の中にいます。

ヤブヤンマ終令幼虫0550s.jpg ヒキガエル幼体0525s.jpg
ヤブヤンマ(ヤンマ科)幼虫       アズマヒキガエル カエルになりたて

池の中にはヤブヤンマの幼虫がいました。翅芽(しが=成虫になったとき羽になる部分)が円筒状(えんとうじょう)にふくれ、色も変わって来ているので、羽化が近い。水草や竹の棒には、ヤブヤンマ×5、クロスジギンヤンマ×3のぬけがらがついていました。また、羽化したばかりで、まだうすい茶色をしたクロイトトンボもいました。緑地の草むらには、オタマジャクシからカエルになったばかりのアズマヒキガエルが無数にピョンピョンとんでいました。

  
posted by はけの森調査隊 at 17:24| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。