2012年07月29日

★鳥 ウグイスの巣とヒナ

ウグイスの巣1128.jpg
ウグイス(ヒタキ科)の巣(中にヒナがいる) 120716

住宅地の民家の庭、ユズの小木地上1mくらいの所にウグイスの巣を発見。空き巣だろうな、と思いながらもそーっとのぞいてみると、奥の方に小さなヒナが数羽居るのが見えてびっくり。すぐにその場を離れ遠くから撮影した。何度もそばを通っているのに、ちっとも気づかなかったのだが、例年になく、毎日うるさいほどに♪ホーホケキョ♪が聞こえていたわけが今頃わかった。空き巣は、2010年4月のミニ調査会で、はけの森緑地1の奥に落ちているのを発見したことがあるが、ヒナが入っている巣を見るのは初めてだ。
グイスはとても敏感だと聞いているので、遠くから様子を見ていたが、その後、♀の親鳥がエサを運んでいるのを1回見かけただけで、しばらくして行ってみると既に巣立ってしまったらしく、もぬけのからだった。その辺で幼鳥たちに出会いたいと願っている。

追記@ 120802

ウグイス幼鳥1253cs.jpg
ウグイス幼鳥 120802

巣の近くの木の茂みのあちこちで、チャッ
チャッチャッとかわいい小さな鳴き声がする。さては!と急いでカメラを向ける。ピンボケながら何とか幼鳥の姿をとらえることがきた。
ウグイスは、巣作りも子育ても♀鳥だけにまかせ(大部分の鳥は、♂♀一緒に巣作りや子育てをする)、♂鳥は新しい繁殖(はんしょく)相手をさがしてホーホキョとさえずり続けるそうだ。繁殖期が過ぎると、
チャッチャッという地鳴きになるのだが、まだ時々ホーホケキョが聞こえる。年1〜2回繁殖するとのことなので、8月もまだ繁殖期なのだろう。

ウグイスの空き巣(2012)1241s.jpg
ヒナが巣立ったあとのウグイスの空き巣 120731

ヒナが巣立ってしまったので、近づいて真横から写真を撮った。ブロック塀のすぐ手前にある小ぶりのユズの枝の中、うまくカムフラージュされている。トゲもあるのによくこんなところに作ったものだ。左側が出入り口。巣の出入り口側の直径11cm・穴の直径5cm・長さ13cm。巣材の端が何本も飛び出しているので細長い形にみえるが、巣本体の奥行きはそんなに長く無い。

追記A 120824

ウグイスの空き巣1508s.jpg
ウグイスの空き巣 120814
 
巣をとりはずして保存することにした。ほとんどの野鳥はもう一度同じ巣を使うことは無いそうだ。巣材は、ゆるく編(あ)んだササで、草のツルをからませてある。外側はパラパラとほつれて来る。

ウグイスの巣の中1523s.jpg ウグイスの空き巣真横1514s.jpg
ウグイスの空き巣(巣穴の中)     ウグイスの空き巣(真横から見たところ)

中の方(産座)は、シュロや細い茎やツル、穂(ほ)のようなものでしっかりと編まれている。何かの羽が1枚だけ入っている。穴そのものの奥行きは約8cm。
 
posted by はけの森調査隊 at 15:56| Comment(7) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぐいすの巣が見つかったんですね。

うぐいすはうちの近くの森でも

ホーホケキョという声が聞こえたことがありました。

写真見ましたがかわいいですね!

巣立っていった鳥にまた会えたらうれしいですよね。

うちもインコがいて張りのある声を出していますよ!

夏のほうが冬より元気ですよ!
Posted by かおり at 2012年07月30日 20:53
楽しいコメントありがとう!
インコの声もかわいいでしょうね。

今日の朝、ついに巣立った鳥たちに会えました。
しばらくは、生まれた場所のそばにいるんですよね。
毛がボサボサで、小さな鳴き声がなんともかわいかったですよ。
Posted by 隊長 at 2012年08月02日 09:12
インコは可愛い声ですよ〜。

今日の朝は、巣立った鳥さんに会えたのは嬉しいですね!

うちも庭にヒヨとか鳩さんがくることがありますよ。

また色々な自然の生き物達のブログ楽しみにしています。
Posted by かおり at 2012年08月02日 09:49
隊長さんは、いつもカメラを持ち歩いているのですか?ウグイスの幼鳥が見れて嬉しいです。
Posted by かおり at 2012年08月02日 09:56
いつも持ち歩いているわけではないけれど、
きょうは何かいそうだなー、という感じのするときは、
ちょっとその辺をまわるときも持って出ます。
庭の巣箱で育ったシジュウカラは、巣立ってから1週間くらい経つと親と一緒に戻ってきて、チイチイ飛び回るので、
きっとウグイスも戻って来る頃だろう、と思っていたのです。
勘が当たりました!
その後、見てないんですよ。
Posted by 隊長 at 2012年08月07日 21:00
鶯の巣が気になってこちらのブログにたどりつきました。
住宅街の中にあって、放置状態の竹林と伸び放題の庭木の実家を取り壊すことになりました。隣に住んでいるので、もう何十年も晩春から夏にかけての鶯の声をたのしんできました。まるで家の中で鳴いているかの様な通る声。たどたどしい谷渡りがだんだん上手になっていくのをほほえましくおもっていました。お盆明けに取り壊しなので、それまでに巣立ってくれることを願っています。思えば私はずいぶん贅沢な環境に住んでいたのですね。
来年から鶯たちはどこへ行くのかなあ。他の鳥たちもいなくなってしまうのかなあ・・・さみしくなります。
Posted by ママリス at 2015年06月25日 17:06
ママリスさん、
コメントありがとうございます!
ご実家はのどかな、素晴らしい環境を保っていらしたんですね。しかも住宅街の中、居ながらにしてウグイスの声を聴けるとのこと、我が家周辺と似ているかもしれません。他の鳥もかかわいいけれど、ウグイスいるというのは、格別に環境の良さを感じさます。最高の贅沢だと思います。
取り壊しとのこと、とっても残念ですね。
遠くない何処かに、ウグイスたちが居場所を見つけられるといいですね。

Posted by 隊長 at 2015年07月02日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。