2012年09月15日

★活動報告 2012第3回ミニ調査会

第3回はけの森ミニ調査会 
2012/09/09実施 はけの森2にて  晴れ  気温32℃  参加6名 

9月に入っても、相変わらずの残暑、はけの森では、アブラゼミやミンミンゼミが鳴き、何種ものトンボが飛び、時おりチョウも飛んで来ていました。


リスアカネ2142cs.jpg
リスアカネ♂(トンボ科)

この時期(8月〜10月)、緑地の池に毎年居すわっているアカトンボがいます。もちろん、新世代に毎年入れかわっているのですが、同じ竹棒に同じようにとまっています。(リスアカネにについては 2010年9月2011年9月ご参照下さい。)オオアオイトトンボもあちこちにいました。

ナガサキアゲハ♀2020s.jpg アゲハ2令幼虫2112s.jpg
ナガサキアゲハ(アゲハチョウ科)   アゲハ(アゲハチョウ科)2令幼虫

カラタチの茂みにナガサキアゲハがフワリとやって来ました。産卵したように見えたのですが卵は見つからず、アゲハの幼虫2匹を発見。2009.9.10実施の第3回ミニ調査会でもナガサキアゲハ♀を観察しています。

まてーっ!P9090009.jpg
まてーっ!

チョウは、アゲハクロアゲハコミスジイチモンジセセリを観察。

キマダラカメムシ終令幼虫2115s.jpg
キマダラカメムシ(カメムシ科)幼虫 15mm カリンの幹

カラタチ・ウメ・カリン等の木に、若令〜終令まで、いろいろな大きさのキマダラカメムシ幼虫を発見。昨年9月にこの緑地ではじめて見かけ、びっくりして調べたところ、東南アジアから帰化したカメムシで、近年まで沖縄・九州にしかいなかったのだが、最近は関東地方でも見られるようになったとのことでした。その時はたった1匹しか見当たらなかったのですが、だいぶ増えているようです。

キマダラカメムシ2098s.jpg
キマダラカメムシ成虫 22mm 120913 ウメの幹

調査会の日は、幼虫しか見あたりませんでしたが、4日後に成虫を発見。幼虫とはずいぶんとちがう形をしています。

コノシメトンボ2028s.jpg
コノシメトンボ♀(トンボ科)

コノシメトンボもリスカネのように、羽の先が黒いので見まちがいやすいのですが、胸のもようがちがい、また♂は胸まで真っ赤になります。(リスアカネは腹だけ)。♀は赤くならず、眉斑(びはん=鼻さきみたいなところにある黒い丸点
)があリ、リスアカネは♂♀両方とも眉斑がありません。

ナツアカネ胸のもよう2037s.jpg リスアカネ胸の模様2036.jpg
ナツアカネ♂(トンボ科)        リスアカ♂(トンボ科)

じっくり胸のもようを観察。この2種は、胸のもようが似ていますが、ナツアカネは羽が全部透明なので、見分けはすぐつきます。

アキアカネ♂胸3253s.jpg
参考:アキアカネ (トンボ科) 中央のスジが先細りに切れる・赤くなるのは腹だけ

アブアラゼミ羽化殻2128s.jpg
アブラゼミ(セミ科)羽化殻 約35mm

毎年とてもたくさんのアブラゼミのぬけがらが見つかります。特に、カヤの木に一番多くついています。

ツクツクボウシ6179s.jpg
ツクツクボウシ(セミ科)羽化殻 約25mm

ツクツクボウシのぬけがらも、数は少ないれど、毎年見つかります。

セミのぬけがら調べ9090004s.jpg
セミの羽化がら調べ 「こんなにしみじみ見たの、はじめて・・・」

緑地内のセミのぬけがらを集め、一見似ている<アブラゼミとミンミンゼミ><ツクツクボウシとヒグラシ(これのみ見本に持参した)>を、検索表(けんさくひょう)を使って見分けました。触角が重要ポイントです。
アブラゼミぬけがらはたくさん見つかりましたが、ミンミンゼミぬけがらは1コだけ、ツクツクボウシぬけがらは2コ見つかりました。

ヤゴ調べ9090014s.jpg クロスジギン・ヤブヤンマ幼9090017s.jpg

少しだけ池の生きもの観察をしました。クロスジギンヤンマ(左)とヤブヤンマ(右)1匹ずつを観察。見分けのポイントは、目の形。クロスジギンの羽化の時期の方が早いので、大きさに差があります。
今回は、似ている生きもの達の見分け方をじっくり調べることができ、ミニ調査会ならではの半日でした。


  
posted by はけの森調査隊 at 09:42| Comment(3) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤とんぼは私も庭で見かけました!
写真撮りたかったです。
かまきりが家の階段にいるのを見つけて
びっくりしました。
小さめのかまきりで、
黄緑色でした。

庭のゴーヤもそろそろ終わりそうです。
ゴーヤチャンプルや漬物やサラダでいただきました。
美味しかったですよ。
それから、黒いアゲハチョウも見ましたよ。
Posted by かおり at 2012年10月02日 12:28
コメントありがとう!
アカトンボは、よく見るといろいろな種類があって、
見分けを少しずつ覚えて行くと楽しいですよ。

カマキリも寒くなったので、コッソリおうちに入って来たのでしょう。
何年か前、我が家にもハラビロカマキリが入っていて、
いつの間に産んだのか、卵鞘が柱についていたことがあります。
楽しくなりますね!
家のまわりに居るカマキリ3種、以下の記事にUPしてあります。
http://hakenomori.seesaa.net/article/131247929.html
http://hakenomori.seesaa.net/article/131342474.html
http://hakenomori.seesaa.net/article/131342474.html
Posted by 隊長 at 2012年10月03日 09:01
うちに入ったカマキリもハラビロカマキリのようでした。

赤とんぼはどうやって見分けるのですか?

また赤とんぼに出会いたいです。

カマキリの記事も見ましたよ。ありがとうございます。
Posted by かおり at 2012年10月04日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。