2013年01月03日

★鳥 庭に来る鳥E シジュウカラ・ワカケホンセイインコ

シジュウカラ2818cs.jpg
シジュウカラ(シジュウカラ科) 130102 アーモンドの実をくわえている

冬は、鳥達がよく見える季節。庭にエサ台を置いて、そこに来る鳥達のようすを身近に見るのもおもしろい。シジュウカラは、他の鳥より人になれているのか(それでも用心深いけれど)、家の軒(のき)から1mくらいしかはなれていないベランダのエサ鉢にもやって来る。

シジュウカラ2856s.jpg
シジュウカラ(シジュウカラ科) 130103 ヒマワリの実をくわえている

このエサ箱はシジュウカラ専用で、中に入っては器用(きよう)にくわえて出て来て、好きな木の枝(たいてい決まっている)などにとまって殻(から)を割って中身を食べる。

ワカケホンセイインコ2771s.jpg
ワカケホンセイインコ(オウム科) 121227 

昨年の暮のある日、突然ワカケホンセイインコが3羽やって来て、ヒマワリを食べようとまわりをまわっていたが、あきらめて飛びさった。

ワカケホンセイインコ7940s.jpg
ワカケホンセイインコ(インコ科)  120325 全長40cm

インド南部やスリランカ等、熱帯・亜熱帯原産の鳥で、東京では1969年以降(いこう)ペットが野生化している。このあたりでも、一時期は群れて飛んでいるのをよく見かけた。「キュイー」とけたたましい声で鳴くので、遠くに居てもすぐわかる。エサ台のヒマワリやミカン、花や葉っぱなどいろいろなものを食べる。オスの首には黒い輪がある(ワカケの名の由来)。
参考:http://www.nationalgeographic.co.jp/animals/special_article.php?special_topic_id=1&episode_no=7


  
posted by はけの森調査隊 at 16:38| Comment(4) | 1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年の暮れに野生のインコがひまわりの種を食べたくて、えさ台にきたんですね!!!
家庭で飼うインコより大きくて強そうに見えますね。緑の色が鮮やかですね!
うちには見たことがありません。
すずめや鳩や鴨なら見たことありますよ。
シジュウカラは見かけました。
今年も楽しい自然のブログ時々見させてくださいね。
Posted by かおり at 2013年01月04日 19:17
  ☆新年おめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さすがすてきなエサ箱ですね〜  隊長さんの手作りなのですね。
ヤマガラも来ますでしょうか...
数年前庭で3羽の子育てをしていました。 実に可愛らしいものですよね。
川下の鳥屋敷を塒としていたワカケも屋敷がなくなってたまに見かけるくらいです。
暮れにコムラサキの幼虫を見たくて行ってみましたが隊長さんにもお会いできず残念でした。
今年もまた昆虫全般にご教示くださいますようお願いいたします。
Posted by Jーママ at 2013年01月09日 16:11
かおりちゃん、コメントありがとう!
このインコはとても大きくて、迫力あります。
クチバシがするどくてこわい感じです。
飼っている人もいるようですが、さぞ大きな鳥かごが必要でしょうね。
おしゃべりもするようですよ。
でも飼っている人の不注意で、日本の中で野生化してしまったのは困りものです。
今年も、自然の中でたくさんのものを吸収してくださいね。
Posted by 隊長 at 2013年01月10日 17:24
J-ママさん、お久しぶりです!

シジュウカラは、毎年庭の巣箱で子育てもするのですが、
ヤマガラは見かけたこともありません。
今年あたり、1回でも姿を見せないかなー、と思っているのですが・・・。
J-ママさんのところに居たことがあるなら、可能性大ですね。

コムラサキ幼虫は、その後見に行ったのですが見つからなかったんですよ、
よほど見つかりにくい所に籠ってしまったのでしょうか、
2/17の調査会でみんなで探してみようと思っています。

今年もどうぞよろしく。
Posted by 隊長 at 2013年01月10日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。