2013年02月11日

★鳥 庭に来る鳥H シロハラ

シロハラ3673s.jpg
シロハラ(ヒタキ科) 130211

木かげのおち葉の上をガサゴソと歩く音がする。そーっとのぞく。シロハラがおち葉をはねのけながらエサ(ミミズや昆虫など)さがしている。たいていうすぐらい木々の下や薮(やぶ)の中にいて、姿をあまり見せず、しかも敏感(びんかん)で、すぐにパッと飛び立ってしまい、なかなか撮影のチャンスがない。エサを置くならミールワームが好物。

シロハラ3666ss.jpg
シロハラ(ヒタキ科) 130211

冬になると、ウスリー地方などからやって来て、積雪(せきせつ)の少ない地方で越冬し、春には帰る。近年、西日本の山地でも繁殖していることが確認されているそうだ。時々キョワッとかキョキョとか鳴くが、含(ふく)み声のような感じで、姿同様気づかれにくい。似たなかまのアカハラは、国内の山地に居て、冬になると、山麓(さんろく)や平地におりて来る。
posted by はけの森調査隊 at 21:26| Comment(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。