2013年04月12日

★その他の昆虫 ヤマトクサカゲロウ・スズキクサカゲロウの卵

ヤマトクサカゲロウ5370cs.jpg
ヤマトクサカゲロウ(クサカゲロウ科)130412

4月7日の夜、網戸の外にクサカゲロウがついていた。茶色で越冬したヤマトクサカゲロウが緑色になったものだった。後でゆっくり撮影しようとフィルムケースに入れ、翌朝見たらケース内にタマゴがたくさんついていておどろいた。

ヤマトクサカゲロウ卵5396s.jpg
ヤマトクサカゲロウタマゴ(130408産卵)  タマゴ約1mm  柄の長さ約2mm 130412

こんなところに産んでしまったよ、という感じだ。最近野外では見たことが無かったが、今が産卵の時期らしい。

スズキクサカゲロウ卵5388vs.jpg
スズキクサカゲロウタマゴ(130410産卵)タマゴ約1mm  柄の長さ約2mm 130412
 
4月8日の夜、網戸の外に今度は少し大きめのクサカゲロウがついていた。スズキクサカゲロウだった。翌々日の朝ケースにタマゴがついていて2度めのびっくり。
3月16日・17日と続けてこの2種が網戸についていたが、これに引き続き4月7日・8日と続けて網戸についていたというのは、なんという偶然だろう。
皆さんも網戸に注目していたら、おもしろいものがやってくるかもしれない。


     ヤマトクサカゲロウ卵5400.jpg      スズキクサカゲロウ卵5386vs.jpg           
  ヤマトクサカゲロウのタマゴ      スズキクサカゲロウのタマゴ

ヤマトの方は、産卵から4日たっているので、中がすけて見えてきている。スズキの方は、2日しかたっていないので、きれいな緑色一色だ。ヤマトは産みたての時でもスズキよりずっとうすい緑色だった。タマゴは成虫の大きさに準じてスズキの方がほんの少し大きい。

  


posted by はけの森調査隊 at 21:28| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。