2013年04月30日

★活動報告 2013第1回ミニ調査会 

第1回はけの森ミニ調査会 
2013/4/14実施 はけの森2にて  晴れ  気温20℃  参加16名 


カラタチ花5808cs.jpg
カラタチ(ミカン科)

寒い日や強風の日が多い4月上旬でしたが、新年度初の調査会は、暖かな調査会日和となりました。カラタチの新芽も伸び、花の香りがほのかにただよっています。

朽木の生きものさがし.jpg
このへんにいそうだけど・・・

緑地のすみに置いてあるくち木の中の生きものさがし、木のくち具合によって、住んでいる生きものがちがいます。つんであった木材が年月を経(へ)てほとんどバラバラになり、まわりの樹木も整理されたので以前より日当たり良くなっているため、あまり生きものがいませんでした。

     シラホシコヤガ繭5717s.jpg        シラホシコヤガ幼虫5714cs.jpg
シラホシコヤガ(ヤガ科)マユ 約10mm    シラホシコヤガ幼虫 約8mm

梅の木の虫さがしs.jpg

梅の木には、この緑地で毎年見られる、シラホシコヤガの幼虫と空マユがありました。幼虫で越冬し5月半ばごろにマユを作ってサナギになります。空きマユはそのまま残っていて、マユの方が目立ちます。
今年の第67回調査会では、野川公園の自然観察園のハンノキにいるのを観察しました。それぞれ少しずつちがう形をしています。
2010.11.19の記事参照

      
ミノムシ3種5790s.jpg
ヒメミノガ・クロツヤミノガの幼虫(2種ともミノガ科)

物置の後ろにたくさんの小さなミノムシがついていました。写真に写っていませんが、下の方にとても小さくて目立たないヒロズミノガ幼虫いました。

   ヒメミノガsp5779s.jpg                        ヒロズミノガ5798s.jpg   
ヒメミノガのなかま 蓑の大きさ8〜10mm   ヒロズミノガ幼 蓑の大きさ約7mm

ヒメミノガはミノに草の細い茎(くき)を何本も平行につけ、クロツヤミノガは、小さな葉や木ノ皮のかけらをピッタリつけ、ヒロズミノガは砂つぶや地衣類(ちいるい)をつけています。

カタツムリ撮ってるs.jpg
あんなところにカタツムリがいるよ!

ミスジマイマイs.jpg アカホシテントウ幼虫5738s.jpg
ミスジマイマイ(オナジマイマイ科) アカホシテントウ(テントウムシ科)幼虫
       
ツマキチョウ6051s.jpg ハラナガバツチバチのなかまss.jpg
ツマキチョウ(シロチョウ科)  ハラナガツチバチ(ツチバチ科)のなかま

まとめs.jpg
陸上の生きもののまとめ 

アカハネムシ5645s.jpg
ヒメアカハネムシ(アカハネムシ科)体長10mm

M.I.隊員が見つけたヒメアカハネムシ、竹を登っていたとのこと。あとで、くち木にのせて撮りました。

クロスジギンヤンマ等ヤゴs.jpg アシブトハナアブs.jpg
クロイトトンボ幼・クロスジギンヤンマ幼・ミズムシ  アシブトハナアブ(ハナアブ科)

水の中にいたものは、クロイトトンボ幼虫×1,クロスジギンヤンマ幼虫×5,ヤブヤンマ幼虫×1、ミズムシ×2,ミジンコたくさん。
小さな生きものをじっくりと観察した、春のはじめらしい調査会でした。

☆写真は特別隊員T.K.氏にご協力いただきました。

   
posted by はけの森調査隊 at 12:07| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。