2013年05月31日

★活動報告 2013第2回はけの森ミニ調査会

第2回はけの森ミニ調査会 
2013/5/19実施 はけの森2にて  曇り  気温22℃  参加8名 


遠景.jpg

緑が深くなってきたはけの森緑地2、曇りがちな天気ではありましたが、ときおりチョウも飛び、木のかげや草むらでいろいろなものを観察しました。

ナミテントウ♂♀s.jpg
ナミテントウ♂♀(テントウムシ科)

N.Y.隊員が見つけたナミテントウの♂と♀、上の小さい方が♂です。♂は時々身体をプルプルとふるわせています(♀に精子を送りこんでいる)。これを何度もくりかえしながら、少しずつ葉の上を動いています。このようすがとてもユーモラスで皆でずっと見ていました。

シロダモの葉にs.jpg
シロダモ(クスノキ科)には生きものがいっぱい

シロダモには、テントウムシ類のサナギや成虫、アカスジキンカメムシ幼虫、ヒメミドリウンカ等、いろいろな生きものがいました。

テントウムシ蛹2種8249s.jpg
 シロジュウシホシテントウ蛹8261s.jpg ナミテントウ蛹8255s.jpg
シロジュウシホシテントウ蛹        ナミテントウ蛹

シロジュウシホシテントウ8505s.jpg ナミテントウ8503s.jpg
シロジュウシホシテントウ 5mm 130523羽化  ナミテントウ 7mm  130524羽化

持ち帰って観察を続けていたサナギ2種、黄色っぽいサナギが羽化したので調べたら、シロジュウシホシテントウと判明。片方の羽の白紋が頭の方から1・3・2・1と並んでいるのが特ちょう。
うす茶色の地に白い
斑紋(はんもん)のあるテントウムシは、シロジュウゴホシテントウとかムーアシロホシテントウとか、にたようなテントウムシがいろいろいますが、白紋の数や並び方がちがっています。このなかまは、うどんこ病菌(きん)を食べます。
ナミテントウのサナギからは、とてもきれいな斑紋のものが羽化しました。
ナミテントウは、サナギが同じもようなのにいろいろなもようの成虫が出るのでおもしろい。

ユズリハの中s.jpg
ユズリハ(トウダイグサ科)にもいろいろな小さな生きものがいた

クワワタカイガラムシcs.jpg ヒラタアブのなかま8063s.jpg
クワワタカイガラムシ(カタカイガラムシ科)6mm     クロヒラタアブ(ハナアブ科)約11mm

ヤゴ調べs.jpg
イトトンボのヤゴだ

池の生きもの調べ。クロスジギンヤンマの羽化殻が5こありました。5月初め頃に羽化したと思われます。ヤブヤンマ幼虫×3、クロイトトンボ幼虫もいました。

ザリガニだよ.jpg クロスジギンヤンマ羽化殻9760s .jpg
アメリカザリガニ、♂かな♀かな?     クロスジギンヤンマの羽化がら

ガとアリcs.jpg ハナアブ幼虫css.jpg
 アリにおそわれているガ         ハナアブのなかまの幼虫 身体約15mm

S.A.隊員の網に入った不気味に動く物体・・・「何コレ?」。シュノーケルのようになっているシッポ(呼吸管)の先を水面に出して呼吸いるとのこと。ハナアブのなかまには、幼虫が水中で育つ(エサは水中の有機物(ゆうきぶつ=落ちばや虫の死がいなど)ものと、陸上で育つ(エサはアブラムシorカイガラムシなど)ものがあります。
いろいろな生きものそれぞれの「今のようす」をのぞくことができた
半日でした。
    
posted by はけの森調査隊 at 09:56| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。