2013年07月31日

★活動報告 第69回はけの森調査会<もっと知りたい!水辺の生きもの>報告

第69回はけの森調査会<もっと知りたい!水辺の生きもの>報告

13/07/21(日)9:30〜12:00 晴れ 気温29℃  参加30名
コース:野川公園入り口〜わき水広場

例年よりずいぶんと早く関東地方は梅雨明け(7月6日)しました。その直後から10日も続いた35℃前後の猛暑が一段落し、この日は過ごしやすい陽気、夏休みの半日をを楽しく過ごしました。アブラゼミも鳴きはじめていました。

バッタがいるぞ0011s.jpg ショウリョウバッタ1348s.jpg
アッ、バッタだ!            ショウリョウバッタ♂(バッタ科)

草むらにはショウリョウバッタやオンブバッタなど、いろいろなバッタのなかまの成虫や幼虫がいっぱい。シジミチョウのなかまや名前のわからないような小さな虫もたくさんいました。

ダイミョウセセリ016cs.jpg オジロアシナガゾウムシ1271cs.jpg
ダイミョウセセリ(セセリチョウ科) オジロアシナガゾウムシ(ゾウムシ科) 10mm

ダイミョウセセリの幼虫は、ヤマノイモ類の葉をつづって巣を作り、葉を食べて成長します。オジロアシナガゾウムシの幼虫は、クズの茎の中で育ち、成虫はクズの葉を食べます。

細流れ063s.jpg ザリガニだ035s.jpg
この水はきれいだね・・・  ザリガニがいたよ!

やなぎ橋の手前、<はけ>からのわき水が野川に流れこんでいるあたりから水辺におりました。

 川のほとり0002s.jpg
ヤゴいるかなあ・・・?         オッ、あのトンボは・・! 

ここは浅瀬(あさせ)になっていて、小さい子でも大丈夫、中に入って水の中の生きものをさがしました。トンボも飛んでいます。

川の中0732s.jpg
何かはいったぞ! エビがはいってるよー。  

オナガサナエ羽化がら079.jpg ギンヤンマヤゴs.jpg
オナガサナエ(サナエトンボ科)羽化がら  ギンヤンマ(ヤンマ科)幼虫

川の中には、オナガサナエやギンヤンマの幼虫、ミナミヌマエビ・メダカ・アメンボなどがいました。野川周辺には、コオニヤンマ以外のサナエトンボのなかまはあまりいませんが、ここ2〜3年、オナガサナエは増えているのか、幼虫や羽化がらを時々見かけるようになりました。ギンヤンマ幼虫はふつう池にいる種類ですが、川でも見つかることがあります。

ショウジョウトンボ1197css.jpg
ショウジョウトンボ(トンボ科)

こちらのトンボは、小金井で幼虫を見かけたことはありませんが、成虫は毎年川岸で見かけます。

観察園を過ぎて0001s.jpg

観察園を過ぎてA   005cs.jpg

観察園のわきを通りわき水広場まで。今回は、オレンジのタオルが調査隊の目印です。元参加者K.N.さんから寄贈いただきました。

ネグロミノガ7614s.jpg ニイニイゼミ羽化殻s3070.jpg
クロツヤミノガ幼虫(ミノガ科)ミノ20mm ニイニイゼミ羽化がら 20mm


クロツヤミノガは、ミノから顔を出してゆっくり歩いていました。ニイニイゼミの羽化がらは、あちこちの木の幹についていました。ニイニイゼミより少し遅れて羽化するアブラゼミの羽化がらも草やフェンスについていました。
      
ヤマトタマムシ054s.jpg タマムシ1355s.jpg
ヤマトタマムシの残骸(ざんがい)参考:ヤマトタマムシ(タマムシ科)080724撮影

タマムシの羽と胴体(どうたい)の一部が落ちていました。タマムシは、木の上の方を飛んでいるのであまり見かけませんが、残骸(何ものかに食べられた?)は、時々道ばたに落ちているので、このあたりにもいることがわかります。そのうち、きれいなすがたを見ることができるかもしれません。

湧き水流の中113s.jpg

わき水広場の流れは夏でも冷たい。きれいな水に住むいろいろな生きものがいます。

フタスジモンカゲロウ035ss.jpg フタツメカワゲラ032s.jpg
フタスジモンカゲロウ幼虫(カゲロウ科)フタツメカワゲラのなかま(カワゲラ科)幼虫


ホトケドジョウs.jpg オニヤンマ幼065s.jpg
ホトケドジョウ(タニノボリ科)     オニヤンマ幼虫(オニヤンマ科)

まとめの話0137s.jpg

カワゲラの幼虫がいるということはきれいな水のしょうこだよ


水あみを使いなれていない子もいましたが、すくっているうちにどんどん上手になってきて、いろいろな生きものをあみに入れることができるようになりました。別の川へ出かけた時も、どんな生きものがいるかさぐってみて下さい。水の性質(せいしつ)やまわりの草や木のちがいによって、住んでいる生きものがちがうことがわかっておもしろいですよ。
その他観察したもの

ハグロトンボシオカラトンボクロアゲハモンシロチョウヤマトシジミヒメウラナミジャノメ・テングイラガ幼虫・オオヒラタシデムシ・オオカマキリ幼虫・コオロギのなかま・シマアメンボ・カブトムシ♂(ランニング中の男性からT.O.君に手渡された)等

☆つかまえた生きものは、観察後もとの場所にもどします。
☆今回も、写真は特別隊員T.K.氏にご協力いただきました。

  
posted by はけの森調査隊 at 21:50| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。