2013年08月30日

★チョウ キマダラセセリ・ヒメキマダラセセリ

キマダラセセリ4522s.jpg
キマダラセセリ(セセリチョウ科)130803 開帳30mm

立秋(今年は8月7日)の頃、2化目のキマダラセセリがあちこちで見られるようになる。花だんにもやって来る。ピュンピュンとす早く飛びまわっているので、なかなかゆっくり翅のもようを見ることができない。

キマダラセセリ1480s.jpg
キマダラセセリ(セセリチョウ科)130830

飛んでいる時はオレンジ色の印象が強いが、表も裏も複雑(ふくざつ)なまだらもよう。幼虫の食草は、多くのセセリチョウのなかまと同じイネ科植物。

ヒメキマダラセセリ5641s.jpg
ヒメキマダラセセリ♂(セセリチョウ科)開帳28mm  070529  八王子市裏高尾

似(に)たなかまのヒメキマダラセセリも、初夏・晩夏の2回、同じような時期に出現する。どちらかというと山地性で小金井近辺で見たことは無いが、高尾や狭山(さやま)等では見かける。後翅(=うしろばね)のうらにまだらもようが無いので、とまったところを見ればすぐわかる。

  
 

posted by はけの森調査隊 at 11:25| Comment(2) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チョウでも見たことの無いチョウですね。

オレンジの羽で蜜を吸って自然に飛んだり止まったりして私もチョウは好きです。
白い小さなチョウは散歩で見かけました。
可愛かったです。

黒アゲハはよく庭に来ます。

最近は火曜日は暑かったですが、今日は涼しいです。今カラスが鳴きました。

虫の声も聴こえます。

合唱もみたいです。

では。
Posted by かおり at 2013年09月06日 11:45
このチョウは、小さいので意外と気が付かれないかもしれません。胴体と頭が太いのでガかな、なんて思っている人もいるかもしれません。よく見ると、すばしこく花から花へ飛んで、可愛いです。
これから秋本番になると、またいろいろなチョウが見れますよ。そう、虫の大合唱も一段とにぎやかになりますよね。
自然をいっぱい感じてください。
Posted by 隊長 at 2013年09月09日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。