2014年03月08日

★甲虫 ナナホシテントウ・コガタルリハムシ

ナナホシテントウ4839s.jpg
ナナホシテントウ(テントウムシ科) 140307 体長約8mm

3月6日啓蟄(けいちつ)は冷たい風の吹く寒い日だったが、翌7日の朝は、寒いながらも明るい春の陽ざしが降り注いだ。こんな日は、いつもの野川べりへ、ナナホシテントウを探しに出かける。(この日午後は数時間雪が降った)

ナナホシテントウ4836cs.jpg
ナナホシテントウ(テントウムシ科) 140307

ひなたぼっこをしているもの、チョコチョコとせわしなく動きまわるもの、何匹ものナナホシテントウが活動している。ナミテントウはまだ越冬中。

ナナホシテントウ産卵4827cs.jpg

ナナホシテントウ(テントウムシ科) 140307

ちょうど産卵しているものもいた。
ナナホシテントウ産卵〜成虫までのようすは、こちらをご参照ください。


ナナホシテントウ卵4848cs.jpg
ナナホシテントウ(テントウムシ科)卵 長さ約1.4mm  140307

卵もコンクリートのところどころに産みつけられてる。

コガタルリハムシ卵4833cs.jpg
コガタルリハムシ(ハムシ科)卵 長さ 1.3mm 140307

この時期、ナナホシテントウがよく居るギシギシ類の葉うらでよく見かけるのは、うす黄色の、テントウムシより少し小さめの卵のかたまりだ。

コガタルリハムシ7836s.jpg
コガタルリハムシ(ハムシ科)  ♂♀ 約5.5mm 140307

コガタルリハムシは成虫で越冬し、ギシギシやスイバ等の葉を食べる。群生するので、これからの時期は、葉っぱが食べ痕(あと)だらけになる。
   
  

   
posted by はけの森調査隊 at 10:38| Comment(2) | 3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ななほしてんとうの写真見ました。
葉に産卵するのですね。
3月6日は雪が舞ったんですね。

昼間は暖かくて春になって嬉しいですね。
菜の花も公園に咲きました。
良い季節になりますね。

今日は池でかるがもを4匹発見しました(^^)
小鳩もえさを探してごそごそ葉っぱの間を探していましたよ。可愛いですね。
Posted by かおり at 2014年03月23日 20:38
風はまだ少し冷たいけれど、陽射しはほんとに春らしくなって来ましたね。
鳥の動きも活発になって来まいた。
こちらでは、ウグイスの初鳴きを3月14日に聴きました。
シジュウカラもさえずり初めました。
たくさんの春を見つけてくださいね。
Posted by 隊長 at 2014年03月24日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。