2014年06月30日

★ガ ヒロズコガのなかま幼虫

ヒロズコガsp5495s.jpg
ヒロズコガ(ヒロズコガ科)のなかま幼虫   ミノの大きさ約7.5mm  130413

昨年の春、ブロックべいでヒロズミノガを探していたら、ヒロズミノガのすぐそばにちょっと違う形のミノムシがいてびっくり。肉眼では、ゴミか石のかたまりみたいだが、よく見ると小石をつづり合わせたケースだ。前出(140629付記事)のマダラマルハヒロズコガと同じヒロズコガ科に属(ぞく)するガの幼虫だった。ヒロズコガ科に属するガは多く、幼虫はケース(種によって材料は様々)をまとうものが多いとのこと。マダラマルハヒロズコガ幼虫のケースは、形が変わっているし、大きいので人目につきやすいが、多くのヒロズコガのなかまの幼虫は、とても小さく、背景にまぎれているので、気づかれないことが多いようだ。

ヒロズコガsp裏5535s.jpg
ヒロズコガ(ヒロズコガ科)のなかま幼虫  130413

裏がわは、こんなようす。ミノガ科の幼虫のミノとちがって、2枚のフタを合わせたような構造(こうぞう)になっている。

posted by はけの森調査隊 at 21:13| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。