2014年07月31日

★夏のトンボ@オニヤンマ・コオニヤンマ・ギンヤンマ・ヤブヤンマ・マルタンヤンマ

夏に見られる大型のトンボ、ここ数年間に撮ったものです。

オニヤンマ♂1300s.jpg
オニヤンマ♂(オニヤンマ科) 130810
オニヤンマ♀0966s .jpg
オニヤンマ♀(オニヤンマ科) 130715

野川周辺を中心に、たまに街中でもその勇姿(ゆうし)を見ることができる。日本で一番早く飛ぶ(時速60~70km)昆虫と言われていて、なかなか撮影できないが、木陰でジッととまっている時がある。♂と♀はよくにているが、♀は長い産卵管(さんらんかん)がおしりの先から出ているのが特ちょう。ヤゴは夏の観察会でよく観察されている。

コオニヤンマ♂2587s.jpg
コオニヤンマ♂(サナエトンボ科) 110706

夏の初めごろから野川周辺を飛んでいる。オニヤンマにそっくりなのでコオニヤンマと言う名ががついているが、サナエトンボのなかまで、頭が小さいことと、胸のもようのちがいで見分けられる。ヤゴは全然違う形をしている。

ヤブヤンマ♂s.jpg
ヤブヤンマ♂(ヤンマ科) 090720  
ヤブヤンマ♀産卵1109s .jpg
ヤブヤンマ♀(ヤンマ科)産卵 090716

はけの森2の池では、ミニ観察会のたびにヤゴを観察しているが、黄昏飛翔(たそがれひしょう=夕暮れに飛ぶ)をする特性があり、成虫にはたまにしか出会っていない。♀は産卵に来ているときが撮影チャンスだ。

ギンヤンマo♂3122 .jpg
ギンヤンマ♂(ヤンマ科) 080717  府中市武蔵野の森公園
ギンヤンマ産卵cs.jpg
ギンヤンマ♀(ヤンマ科)産卵行動  100910

野川周辺では、調節池のため池で時々見られ、ヤゴもたまに観察してるが、野川公園の南にある武蔵野の森公園の池でよく見られる。連結(れんけつ)産卵がふつうだが、この時は単独(たんどく)産卵していた。なお、♀が産卵していたこの池(貫井北町)は、その後水がぬかれてしまい、他のトンボ類もよく来ていたのに残念だ。

マルタンヤンマ♂7993cs.jpg
マルタンヤンマ♂(ヤンマ科) 140729   練馬区石神井公園
マルタンヤンマ♀羽化8023.jpg
マルタンヤンマ♀(ヤンマ科)090626 羽化(羽・胴体の色はまだうすい)(室内撮影)

マルタンヤンマも黄昏飛翔の特性があり、小金井市内でも時々発生しているのに、♂を見ることはできずにいた。石神井公園では、暑い夏の昼間木陰に休んでいる♂が見られるとのことで、友人の案内により、ようやく成虫♂を撮ることができた。小金井近辺では、どこの木陰にいるんだろう?

   


posted by はけの森調査隊 at 20:52| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。