2014年08月09日

★夏のトンボAアジアイトトンボ・クロイトトンボ・モノサシトンボ・キイトトンボ等

夏に見られるイトトンボのなかま、今までに小金井近辺で撮ったものです。現在生息を確認できていない種もあります。

アジアイトトンボ♂4465s.jpg
アジアイトトンボ♂  110829
アジアイトトンボ♀4425s.jpg
アジアイトトンボ♀(イトトンボ科)  110829   体長約27mm

野川の岸辺や調節池の草をぬって、たよりなげに飛んでいる小さなトンボ。目をこらして草の間を見つめていると見つかるかもしれない。

クロイトトンボ5684s.jpg
クロイトトンボ♂(イトトンボ科) 110624  体長約32mm

はけの森2の池ができた頃(約20年前)は、水草に無数のカップルが群れていたが、まわりの木々が大きくなり池が暗くなると同時にいなくなってしまった。2012年11月のミニ調査会Cで久しぶりにヤゴを1匹観察した。明るい池の、スイレンなど水面に葉を広げている水草の上にジッととまっていることがある。

モノサシトンボ♂.jpg
モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科) 980720
モノサシトンボ4303cs.jpg
モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科) 110813 練馬区石神井公園  体長約45mm

その名のとおり、腹部にモノサシの目もりのように斑紋(はんもん)がある。木々にかこまれたうす暗い池が好きなこのトンボは、はけの森2ができた(約20年前)数年後には、たまに見かけることがあったが、その後は一度も見ていない。たくさん生息している石神井公園で撮った写真も載せる。

オオアオイトトンボ♂4861s.jpg
オオアオイトトンボ♂(オオアオイトトンボ科)  110910
オオアオイトトンボ♀2370s.jpg
オオアオイトトンボ♀(オオアオイトトンボ科)130825  体長約45mm

樹木にかこまれたうす暗い池が好きなこのトンボは、はけの森2を代表するトンボと言っていいだろう。毎年、夏のはじめから秋おそくまでフワーリと岸辺の草の間や、木のしげみの中を飛んでいる。羽をひろげてとまるのが特ちょう。10月初めごろには、交尾や産卵の姿が見られる。 ヤゴもミニ調査会でよく観察している。

キイトトンボ♂6555s.jpg
キイトトンボ♂(イトトンボ科) 100903
キイトトンボ♀6497s.jpg
キイトトンボ♀(イトトンボ科)100831 体長約40mm

小金井ではじめて出会ったのは2010年の夏、貫井北町の水草の多い池でギンヤンマを撮影していたら、草むらから飛び出してきた黄色いトンボ、ツンツンツンとユーモラスな飛び方で、先へ先へと飛んで行く。数日後、もう一度行ってみたが、♂は後ろ姿しか撮影できなかった。♂はシッポの先に黒いもようがある。翌年は発見できず、その後その池は水ぬきされてしまい、とても残念だ。

  
posted by はけの森調査隊 at 13:48| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。