2015年01月26日

★ハチのなかま ニホンミツバチ越冬

ニホンミツバチ0245s.jpg
ニホンミツバチ(ミツバチ科)の巣 150113

武蔵野公園にあるニホンミツバチの巣のことは141115付記事で紹介したが、寒い冬はどうしているかとようすを見に行った。洞(ほら)の中は真っ暗で何も見えない。

ニホンミツバチ0240s.jpg
ニホンミツバチ(ミツバチ科)150113

もう少し近づいてよく見ると、中にはハチがビッシリ。肉眼ではよく見えないのだが、ストロボを使って撮影するとこんな感じになる。この日はとても寒い日で出入りするハチもいなかったが、冬でも少し暖かめの日には数匹のハチがまわりを飛んでいるので、遠目(とおめ)にそっと見ているだけなら大丈夫だが注意が必要だ。

posted by はけの森調査隊 at 14:07| Comment(0) | 1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。