2015年02月24日

★セミ・カメムシのなかま クヌギカメムシ・ヘラクヌギカメムシ 卵塊・幼虫

クヌギカメムシ卵塊0024遠s.jpg
 クヌギカメムシ(クヌギカメムシ科)卵塊(らんかい) 150219  コナラ

野川公園自然観察センターのレンジャーさんに聞いた場所を探して、ようやく見つかったクヌギカメムシの卵塊(らんかい)コナラの樹皮(じゅひ)のヒダの奥深いところに、ゼリー状の長細いかたまりが5本はりついていた。

クヌギカメムシ卵 0477s.jpg  クヌギカメムシ幼虫0482cs.jpg
クヌギカメムシ卵塊(らんかい)長さ約15mm   クヌギカメムシ幼虫 150219 

一部はまだ卵のまま、一部には孵化(ふか)したばかりの幼虫がくっついている。孵化後しばらくは、卵を包んでいるゼリー状のものを食べて育ち、3令になると、芽吹き始めた新芽に移動するとのこと。食樹はクヌギ・コナラなどブナ科植物。

ヘラクヌギカメムシ?卵塊0489s.jpg
ヘラクヌギカメムシ卵塊(らんかい)150219 長さ35mm・20mm・15mm

よく似たなかまに、ヘラクヌギカメムシとサジクヌギカメムシというのがいて、似たような環境に生息するとのこと。
公園入口のおち葉だまりに落ちていた樹皮の裏側(うらがわ)にヘラクヌギカメムシの卵塊らしきものがついていた。クヌギカメムシは樹幹(じゅかん=木のみき)に産み付けることが多く、ヘラクヌギカメムシははがれかけた樹皮(じゅひ)の裏側など直接見えない場所に産むことが多いとのことで、色や長さもちがっているのでヘラクヌギカメムシかと思われる。
posted by はけの森調査隊 at 14:16| Comment(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。