2015年05月15日

★ハエ・アブのなかま クロヒラタアブ

クロヒラタアブ0790正面s.jpg
クロヒラタアブ♀(ハナアブ科) 150424

春早くから新芽をのばすサルトリイバラには、他の植物に先がけてアブラムシがたくさんつくので、アブラムシねらいの虫たちが次々とやって来る。ヒラタアブのなかまもよく見かける。

クロヒラタアブ0799産卵.jpg
クロヒラタアブ♀(ハナアブ科)体長約12mm  150424

そして、卵を産む。

クロヒラタアブ幼虫1078cs.jpg
クロヒラタアブ幼虫(ハナアブ科)約16mm  細い方が頭 150430

ハナアブのなかまは種類がとても多く、幼虫は、種類によって肉食・草食・腐食物(ふしょくぶつ)食といろいろで、水中で生活するものもいる。肉食のものはアブラムシやカイガラムシやハムシの幼虫等を食べる。ヒラタアブのなかま幼虫はアブラムシをエサとするものが多い。

ヒラタアブ幼虫アブラムシ捕食1109s.jpg
クロヒラタアブ幼虫(ハナアブ科)150501

アブラムシをとらたところ。

ヒメヒラタアブsp産卵0933s.jpg
ヒラタアブのなかま(ハナアブ科) 150424

ヒメヒラタアブのなかまだろうか、やはり産卵に来ていた。成虫のエサは、花の蜜(みつ)や花粉(かふん)。


  
posted by はけの森調査隊 at 15:24| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。