2015年05月28日

★ガ ホソオビヒゲナガ・クロハネシロヒゲナガ

ホソオビヒゲナガ♂1461cs.jpg
ホソオビヒゲナガ♂(ヒゲナガガ科) 150522 開帳約15mm

長ーい触角(しょっかく)をひらめかせながら、草の間をぬって飛ぶ小さなガ。初めて出会ったのが群れて飛んでいる場面、いったい何者!?とおどろいた。無数の触角がヒョンヒョン〜〜とおどっているようで、異次元空間(いじげんくうかん)にまよいこんだような気がした。毎年5月ごろ、野川近辺で見かけるのだが、小さいし、たいてい飛んでいるので、なかなか写真が撮れない。

ホソオビヒゲナガ♀1472cs.jpg
ホソオビヒゲナガ ♀(ヒゲナガガ科)150523

ヒゲナガガのなかまはたくさんいて、♂の触角はとても長いが、♀はそれほど長くない(この個体はだいぶいたんでいて、先の部分が切れている)。図鑑によると、食草は不明となっている。

クロハネシロヒゲナガ♀0583s.jpg
クロハネシロヒゲナガ♀(ヒゲナガガ科)開帳約13mm 110505

こちらは、4年前に野川べりで撮ったもの。この種は、ホソオビより出現期が少し早く、また群れて飛ぶことはないそうだ。この種については、研究が進んでいて、食草は、ネズミムギ・オオスズメノカタビラとのこと。1令幼虫は産みこまれた植物内でその植物を食べ、2令になるとミノをつくり、外に出て、地面におり、かれ葉を食べるとのこと。
くわしくは、
このサイトで紹介されている、
をご覧ください。


posted by はけの森調査隊 at 17:49| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。