2015年07月08日

★トンボ オナガサナエ

オナガサナエ2081s.jpg
オナガサナエ♂(サナエトンボ科)体長約62mm 150610

6月の初め、自然観察園でミドリシジミをさがしていると、身体が黒と黄のしまもようのトンボがススキにとまっていた。色どりはオニヤンマ(約100mm)のようだがずっと小ぶりで、胸や背中のもようがちがい、何よりも、シッポの下がわがふくらんでいる(♂のみ)のが特ちょうだ。

オナガサナエ♂2036s.jpg
オナガサナエ♂(サナエトンボ科)150610

野川周辺には、サナエトンボのなかまはあまりいないが、コオニヤンマとオナガサナエは毎年観察されている。コオニヤンマは第66回調査会(120722実施)でヤゴが、オナガサナエは第63回調査会(110717実施)第69回調査会(130721実施)で羽化殻(うかがら)が見つかっている。

オナガサナエ♂背2075ccs.jpg
オナガサナエ(サナエトンボ科)150610

サナエトンボの名のごとく5月下旬から姿を見せ、真夏が最盛期、9月下旬まで見られるので、夏休みの野川で出会えるかもしれない。
posted by はけの森調査隊 at 10:03| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。