2015年08月22日

★トンボ コノシメトンボ

コノシメトンボ2830s.jpg
コノシメトンボ♂(トンボ科) 150818  体長約40mm

猛暑も一段落、相変わらずセミの大合唱が続いているが、どこか秋めいた風も感じられるようになり、いろいろな赤トンボの姿もよく目につくようになった。コノシメトンボの♂もだいぶ赤くなってきている(成熟すると胸や額まで赤くなる)。よく似た種にノシメトンボというのがいるが、小金井ではあまり見かけない。

コノシメトンボ♀6164s.jpg
コノシメトンボ♀(トンボ科) 100724

♀は成熟しても赤くならない(地方によって腹が赤くなるものもあるとのこと)。

コノシメトンボ♂♀s.jpg
コノシメトンボ♂♀(トンボ科) 081009 調布市武蔵野の森公園

だいぶ以前に撮影したものだが、秋も深まった頃、何組ものカップルが、池の水面を連結(連結)したまま飛んでいた。連結したまま打水産卵(だすいさんらん)・打泥産卵(だでいさんらん)をする。

    
posted by はけの森調査隊 at 14:27| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。