2015年09月10日

★チョウ ナガサキアゲハ・クロアゲハ・アゲハの若令幼虫

9月上旬は雨ばかり、チョウの飛ぶ姿もあまり見かけない日が続いたが、あちこちのミカン類の木では、アゲハのなかまの幼虫たちが育っている。この時期はまだ鳥糞(とりふん)状態の若い幼虫が多い。終令(5令)幼虫になるとちがいがよくわかるが、若令のものもよく見るとそれぞれに特ちょうがある。大きな木より小さな木に、そして、枝先にいることが多い。卵や生まれたての小さな幼虫は、新芽のところでよく見つかる。さがして飼ってみよう。

ナガサキ4令幼虫0090s.jpg
ナガサキアゲハ4令幼虫 22mm  150909

クロアゲハ4令幼虫0102cs.jpg
クロアゲハ4令幼虫  21mm  150909

アゲハ4令幼虫0133s.jpg
アゲハ4令幼虫  20mm  150909

ナガサキアゲハとクロアゲハはシッポの部分を見ると違いがよくわかる、また、ナガサキは成長するにしたがって緑色が強くなる。
クロアゲハとアゲハは、やはりシッポの部分に注目、また、クロアゲハにはヌラヌラとしたツヤがある。


posted by はけの森調査隊 at 22:01| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。