2015年10月22日

★活動報告 2015第3回ミニ調査会報告

第3回はけの森ミニ調査会 
2015/09/13(日)実施 はけの森2にて  くもり  気温28℃  参加19名

くもりがちの日でしたが、おなじみの隊員をはじめ新隊員・初参加の皆さん、皆一緒にいろいろな虫を楽しく観察しました。

キアゲハ幼虫見てる0006s.jpg
キアゲハの幼虫だ!

アシタバにキアゲハの終令幼虫が3匹いました。

リスアカネ9487s.jpg

池の竹棒には、リスアカネがいました。秋の緑地ではおなじみのトンボ、飛び立ってもまた同じ竹棒にとまります。

なんだろう?0011s.jpg セミのぬけがらだよ0003s.jpg

トカゲ・カナヘビ0244^.jpg
ニホントカゲ(トカゲ科)・ニホンカナヘビ(カナヘビ科)

ニホントカゲ×1とニホンカナヘビ×3の子どもがいました。しまもようがあり、シッポが青く光っているのがニホントカゲ(おとなにると茶色になる)です。エサになる昆虫やクモがたくさんいるこの緑地は住み心地が良さそうで、都市部では最近減ってきているニホントカゲも健在(けんざい)です。

ヒキガエル幼体0254.jpg アゲハ幼虫0200^.jpg
アズマヒキガエルの子ども        アゲハ(アゲハチョウ科)2令幼虫

アカボシゴマダラs.jpg ヒメジャノメ1349s,jpg
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)080727  ヒメジャノメ(タテハチョウ科)  150720

アカボシゴマダラがフワリと飛んで来てアッという間にどこかへ行ってしまいました。緑地の西側のほの暗い草原にはヒメジャノメが飛んでいました。(写真は別の時に野川周辺で撮った参考写真です。)

アブラゼミ抜け殻s.jpg
アブラゼミ(セミ科)ぬけがら

セミのぬけがらしらべをしました。アブラゼミ×約30、ツクツクボウシ×5、アブラゼミに似ているミンミンゼミは見分けがむつかしく、11月8日(日)ミニ調査会Cでもう一度調べてみることにしました。
(触角以外の部分でも見分ける方法がわかりました)

池調査0014s.jpg
池の生きものしらべ

採ったものをみてる0021s.jpg
ザリガニがたくさん・・・

池の中には、ザリガニの子ども×6、ヌマエビのなかま×2、がいました。ヤゴが1匹もいなかったのは、最近増えているザリガニのせいでしょうか?

その他観察したもの


posted by はけの森調査隊 at 15:08| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。